フォト
無料ブログはココログ

« 今年最初の運試し!? 高知競馬 初夢特別 予想(1月1日) | トップページ | 今年最初の運試しでした…高知競馬 初夢特別の結果と反省(1月2日) »

2021年1月 1日 (金曜日)

読書の「ど」! さいごの毛布 (近藤史恵 角川文庫)(1月1日)

今年最初の 読書の「ど」!です。

@¥@¥@¥@¥@¥@¥@

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「最後の毛布」(近藤史恵 角川文庫)です(感想には個人差があります)。

Cimg1430

この作品を知ったのは、NHK-FMの「青春アドベンチャー」というラジオドラマからでした。
近藤史恵さんの作品には、「犬」が効果的に使われています…例えばファミレスでバイトをしながら頑張る主人公・栗子が活躍する「賢者はベンチで思索する」や警察犬を引退したシャルトットを巡る物語である「シャルロットの憂鬱」など…本作もそんな作品です。


人付き合いが苦手で、仕事がうまくいかない智美…友人の紹介で「老犬ホーム」で働くこととなります。そこには先輩の碧さん…彼女も何やら事情を抱えているようです…やオーナーの摩耶子さん(彼女にも何やら事情があるようで)…の2人がいて、飼い主の「様々な事情」で飼えなくなった老犬」などを「有料」で引き取って、世話する仕事をしています。
ですがその「様々な事情」には、自分勝手なものもあったり、「子供に死に場面を見せたくない」「最期を看取りたくない」などの様々な理由で「暮らして」いけなくなった事情などがあります。
そんな事情に一喜一憂しながら、智美は毎日を過ごしてゆきます。
最初は一人だった智美も、途中から「力強い仲間」も加わって、人間的にも成長してゆきます。
「老犬ホーム」を通して、人付き合いが苦手だった智美にも変化が現れて…物語はテンポ良く展開し、読み出したら、辞められなくなって、一気に読み進めました。
読み終わると、なんだか温かいものが残る気がします。
犬が好きな人にも、そうでないひとにも、一読をお勧めしたい一冊です。

« 今年最初の運試し!? 高知競馬 初夢特別 予想(1月1日) | トップページ | 今年最初の運試しでした…高知競馬 初夢特別の結果と反省(1月2日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年最初の運試し!? 高知競馬 初夢特別 予想(1月1日) | トップページ | 今年最初の運試しでした…高知競馬 初夢特別の結果と反省(1月2日) »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック