« 気のみ記のまま雑記帳(9月10日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&愛馬が出走していました&土曜競馬予想(9月12日) »

2020年9月11日 (金曜日)

気のみ記のまま雑記帳&愛馬が出走します(9月11日)

気のみ記のまま雑記帳(意見には個人差があります)

Photo_20200911000701

※NHK紅白歌合戦 史上初の無観客開催 会長会見で発表 放送時間も15分短縮(スポニチアネックス 20年9月10日より)
NHkの前田晃伸会長は10日の記者会見で、今年12月31日に行われるNHK紅白歌合戦を史上初の無観客で行い、放送時間も15分短縮し午後7時30分から午後11時45分までとなることを発表した。

※徳島市「新ホールは県立で 内藤市長が知事に要請へ(徳島新聞電子版 20年9月10日より)
徳島市の内藤佐和子市長は10日の9月定例界の所信表明で、市文化センター跡地に建設予定の新ホールについて、文化センター南側の「とくぎんともにプラザ(県青少年センター)」の土地を一体化し、県立ホールとしての整備をするよう、飯泉嘉門徳島県知事に申し入れる方針を明らかにした。
これまで争ってきた「センター跡地内の県有地の所有権が市にある」ことに明白な証拠がなく、名義変更も求めない考えを示した上で、市有地の提供も含めて」新ホール整備の一部を負担したいとした。

現状では、鳴門市文化会館が2021年4月に耐震化工事に入り、県内に1000席以上の公共ホールがなくなること、市の財政が苦しい事なども踏まえての事だという。

個人的には、前市長の頑ななまでの「県有地の所有権が市に移転していること」との考えから、県と対立していたことを考えると、とんでもなく前進したと思います。
専門家ではないですが、この案が実現したら、シネコンの様な300席程度の多目的小ホール2つと、500席ほどの中ホール、1500席くらいの音楽・芸術用の大ホール…

をもうければと思います。そうすれば、使い勝手も良く、稼働率も上がって、いいのでは?と思います。
周辺に駐車場が確保できなければ、徳島中央署移転後の跡地、あるいは沖洲マリンターミナル駐車場などを「ライド&パーク」として利用するのも一考かと思います。

とにかく「徳島には何にもないけど、あの「ホール」がある」と言われるような、素晴らしいホールが一日も早く作られることを祈ります。

※愛馬が出走します!
9月11日の大井競馬、第6レース・C2 一 二 三に11番グランツシチーが出走します。
応援お願いします!

|

« 気のみ記のまま雑記帳(9月10日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&愛馬が出走していました&土曜競馬予想(9月12日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気のみ記のまま雑記帳(9月10日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&愛馬が出走していました&土曜競馬予想(9月12日) »