« サケノトモ 濃厚チーズ気分(9月24日) | トップページ | 土曜競馬予想(9月26日) »

2020年9月25日 (金曜日)

読書の「ど」! アンサング シンデレラ 2 (荒井ママレ ゼノンコミックス)(9月25日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 2」(荒井ママレ ゼノンコミックス)です(感想には個人差があります)。

Cimg1422

石原さとみさん主演でテレビドラマ化されていたので、ご存じの方も多いのでは?
ドラマ化に際しては、批判的な意見もあったようですが、個人的な好みもあるとは思いますが、概ね良いできではなかったかと思います。


本作の主人公・葵みどりの仕事は病院調剤師…最近は「医薬分業」で、処方箋をもらって院外薬局で処方薬をもらうことが一般的ですが、病院薬剤師の仕事は、病院内で使用される薬剤の管理や、医師の出した処方箋に唯一異議を唱えられる職業として、我々病院を訪れる患者のために頑張ってくれている仕事なのだそうです。

前巻に引き続き、今巻でも葵の目を通して、院外薬局の実態とそこで働く「薬剤師」の苦悩や、適切な薬剤の使用について、長年治療のために薬を飲まなければならない自体に陥った患者さんへの投与のこと、院内での医師や看護婦、薬剤師の服装などのことについて、わかりやすく描かれています。
最近は「医療もの」のドラマが増えてきていると感じますが、本作もそうしたシリーズのシリーズの「一本」に加わる日も近いかもしれません。
この続きも是非、読んでみたいですね。

|

« サケノトモ 濃厚チーズ気分(9月24日) | トップページ | 土曜競馬予想(9月26日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サケノトモ 濃厚チーズ気分(9月24日) | トップページ | 土曜競馬予想(9月26日) »