« 気のみ記のまま雑記帳&日曜競馬の結果と反省(8月31日) | トップページ | 読書の「ど」! 昭和天皇物語 4 (能條純一 原作 半藤利一  小学館ビックコミックス)(9月2日) »

2020年9月 1日 (火曜日)

気のみ記のまま雑記帳(9月1日)

気のみ記のまま雑記帳(意見には個人差があります)
※菅長官優位、麻生派も支持 自民総裁戦 顔ぶれ固まる(朝日新聞デジタル 20年8月31日より)
安倍首相の辞任表明によって行われる事となった自民党総裁戦の顔ぶれが固まった。
立候補の医師を示した菅義偉官房長官(71歳)に対して、麻生派が支持する方針を決定、主要派閥の多くが菅氏支持に傾きつつあり、国会議員票での争いを優位に進められる情勢となっている。
一方で出馬を模索している岸田氏は、岸田派(47人)の総会を開き、出馬の意向を固めた。
また石破氏も世論調査での高い支持率を背景に立候補を決断した。

失礼を承知で競馬に例えれば、来年には必ず行われるGⅠ「衆議院議員選挙」で、自民党の顔としてテッパン・一番人気となるはずだったシンゾーアベが出走を見送り引退、その後の顔を決めるGⅢ「自民党総裁戦特別」が行われることとなり、スガノレイワ、キシダカンジチョー、ココウノイシバが出走する事となりそうですが、下馬評はスガノレイワがいいようですね。
ですが、この勝ち馬に乗って、GⅠを戦えるのかは不安です…苦労人ですが、これとわかる実績がわかりにくく、印象が地味で花がない…。
まぁ、相手となる野党も…オープン特別「立憲なの?国民なの? どっちにするの 賞」で、民意なんかそっちのけ、数あわせに終始し、くっつくやら離れるやら、どうやら形になったものの、相手になっても「凡走」必死。
我々国民は「大凡走」となる「衆議院選挙」で、どちらに賭ければ(投票すれば)いいのか、考えどころです。

※「半沢直樹」 第7話 24.7% 7週連続大台越え!裏番組初のオール1桁 「日9独占」個人視聴率は番組最高(スポニチアネックス 20年8月31日より)
30日に放送されたTBS「日曜劇場」の「半沢直樹」の第7話が、平均世帯視聴率24.7%(関東地区、関西地区は27.6%)だったことがわかった。
裏番組は初のオール1桁となった。

※新たにカラオケ店関係者2人感染 徳島県130人に(徳島新聞電子版 20年8月31日より)
徳島県は31日、新型コロナウイルスに70代と80代の男性2人が感染したと発表した。
県内の感染者は…

130人となった

※そごう徳島店 37年の歴史に幕(徳島新聞電子版 20年8月31日より)

Dsc_5664

徳島県内唯一の百貨店で、県都の顔として親しまれた「そごう 徳島店」が、37年の歴史に幕を下ろした。

そごうが入居する「アミコビル」では、「そごう」が撤退しても、多くの専門店が営業を続けるというが、未だ後継となる核店舗の誘致には至っていない模様で、駅前の衰退は避けられない…のかもしれません。

9階の大食堂…東新町のダイエーの入居するビルにあった「徳島東宝」(現在は、もちろんダイエーもなく、建物も取り壊されてマンションになっています)で「ドラえもん」の映画を見て、家族で、大きなマドから眉山を眺めながら、お子様ランチを食べて、「日の丸」を、宝物のように、大事に大事に家に持ち帰ったこと…今となっては懐かしい記憶です。

|

« 気のみ記のまま雑記帳&日曜競馬の結果と反省(8月31日) | トップページ | 読書の「ど」! 昭和天皇物語 4 (能條純一 原作 半藤利一  小学館ビックコミックス)(9月2日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気のみ記のまま雑記帳&日曜競馬の結果と反省(8月31日) | トップページ | 読書の「ど」! 昭和天皇物語 4 (能條純一 原作 半藤利一  小学館ビックコミックス)(9月2日) »