« 川崎競馬 第24回  スパーキングレディーカップの結果と反省(7月16日) | トップページ | サケノトモ ドライソーセージ(株式会社なるみ物産)(7月17日) »

2020年7月16日 (木曜日)

読書の「ど」! アンサング シンデレラ 病院調剤師 葵みどり 1 (荒井ママレ  ゼノンコミックス)(7月16日)

遅れていた新ドラマの放送も、なんとか各局共に始められるようですね。
今回は、そんな新ドラマの原作を紹介します。

@¥@¥@¥@¥@¥@¥@@¥@

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 1」(荒井ママレ ゼノンコミックス)です(感想には個人差があります)。 

Cimg1404_20200715233601

7月16日からは、石原さとみさん主演で、ドラマの放送が始まるようですね。

 

本作の主人公・葵みどりの仕事は病院薬剤師…最近は「医薬分業」で、処方箋をもらって、院外の薬局で処方薬をもらうことが一般ですが、病院薬剤師の仕事は、病院内で使用される薬剤の管理や、医師の出した処方箋に唯一異議を唱えられる職業として、我々病院を訪れる患者のために頑張ってくれている仕事なのだそうです。
本作では、その病院薬剤師の仕事を、葵の目を通して、あるときは医師と衝突し、あるときは協力し、あるいは患者さんのちょっとした事柄も見逃さずに、有効な薬を提供する日常を描いています。
やっていることは地味だが大事な仕事…始めて知りました。
次巻がすでに出ているようです。

機会があれば読んでみたいですね。

 

|

« 川崎競馬 第24回  スパーキングレディーカップの結果と反省(7月16日) | トップページ | サケノトモ ドライソーセージ(株式会社なるみ物産)(7月17日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川崎競馬 第24回  スパーキングレディーカップの結果と反省(7月16日) | トップページ | サケノトモ ドライソーセージ(株式会社なるみ物産)(7月17日) »