« 気のみ記のまま雑記帳&大井競馬 第22回 ジャパンダートダービーの結果と反省(7月9日) | トップページ | 土曜競馬予想(7月11日) »

2020年7月10日 (金曜日)

サケノトモ 紀州勝浦まぐろCAN まぐろガツ醤油煮(和歌山県漁業協同組合連合会 まぐろ体験CAN)(7月10日)

食べない方がいんだけど、お酒を飲むときにちょっとほしくなる「サケノトモ」。

今回は「紀州勝浦まぐろCAN まぐろガツ醤油煮」(和歌山県漁業協同組合連合会 まぐろ体験CAN)です(味の好みには個人差があります)。

Cimg1076_20200709215401

(C1076

いただきます!

Cimg1079

(C1079

この「紀州勝浦まぐろCAN まぐろガツ醤油煮」、イベント会場で購入。

Cimg1078

(C1078
製造者は和歌山県の「和歌山県漁業協同組合連合会 まぐろ体験CAN」です。
表には「選りすぐられた那智勝浦の幸を使用」とあります。

また缶には、使われている材料が「クロマグロ(養殖)」であり、使われている醤油やみりんも

Cimg1077

(C1077

和歌山県内のものであることが示されています。
因みに「マグロ」の「ガツ」とは胃袋のことだそうです。

蓋を開けると、ガスチューブを切ったような断面の「ガツ(胃袋)」がきれいに入れられています。
口に入れると、ちょっと噛みごたえがあります。最初はしょう油味のたれの味が広がりますが、噛んでいると、身の味が口に中に広がります。
気になる方は気になるかも知れませんが、少し生臭いというか、魚感があります(まぁ、まぐろだから当たり前ですけど)。

サケノトモにもピッタリですが、普段の食事への一品としてもいいかもしれません。
問題があるとすれば、価格ですかねェ…一缶当たりの量を考えれば、気楽に買う値段ではなかったです。

|

« 気のみ記のまま雑記帳&大井競馬 第22回 ジャパンダートダービーの結果と反省(7月9日) | トップページ | 土曜競馬予想(7月11日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気のみ記のまま雑記帳&大井競馬 第22回 ジャパンダートダービーの結果と反省(7月9日) | トップページ | 土曜競馬予想(7月11日) »