« 読書の「ど」! ブラタモリ 16 富士山 三保松原 高野山 宝塚 有馬温泉(NHKブラタモリ取材班 角川書店)(6月17日) | トップページ | 愛馬会 令和2年 6月度収支です(6月19日) »

2020年6月18日 (木曜日)

あとは野となれ山となれ 第31回 (6月18日)

これまで私たちに生活を豊かにしてくれるために頑張ってくれた、彼らですが、その役目を終えて、「あとは野となれ山となれ」状態です。そんな彼らにスポットを当てます。
31回は「飲料販売機」です.

Dsc_4381


(C4381

まずは彼についてのデータです。
種類   :清涼飲料など缶入り飲料の販売

機能   :缶入り飲料の販売

メーカー :ポッカ

場所   :県内某所 

見てもわかる通り、現在は全く機能していません。
傷み具合も激しく、何よりも商品購入のための部分に、お札を入れる部分が見当たりません(なのにお釣りの返却口はついています)。

商品は、今でいうところの250ml缶が6種類販売できていたようです。今となってはどんな商品が置かれていたのは、わかりません。

商品展示部分の「つめた~い」がこの自販機の時間の流れを感じさえます。
もしかしたら、3本づつの販売ができるようになっているようですから、3本づつ「温かい」ものと「冷たい」ものを販売するような機能がついていたのしれません。

今となっては、それも不明です。

(追記 実はこの自動販売機、一台で同時に「温かい」「冷たい」両方を販売できることができるようになった日本初、いや世界初の自動販売機として、開発され、普及したもののようです)

使われなくなって、かなりの年月がたっているようです。
このままこの場所で朽ち果てるのか、はたまた何らかの手段で、資源として再利用されるのか…いずれにせよ、自販機としての再登板・再稼働はないようです。
今までの頑張り、ありがとう…。

|

« 読書の「ど」! ブラタモリ 16 富士山 三保松原 高野山 宝塚 有馬温泉(NHKブラタモリ取材班 角川書店)(6月17日) | トップページ | 愛馬会 令和2年 6月度収支です(6月19日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書の「ど」! ブラタモリ 16 富士山 三保松原 高野山 宝塚 有馬温泉(NHKブラタモリ取材班 角川書店)(6月17日) | トップページ | 愛馬会 令和2年 6月度収支です(6月19日) »