« 記のみ気のまま雑記帳(5月18日) | トップページ | 愛馬会 令和2年5月度収支です(5月20日) »

2020年5月19日 (火曜日)

気のみ記のまま雑記帳(5月19日)

気のみ記のまま雑記帳(意見には個人差があります)

Dsc_5545

※検察庁法改正、今国会断念 政府与党、批判受け転換 今秋想定に継続審議(スポニチアネックス 20年5月18日より)
政府、与党は18日、検察官の定年を延長する検察庁法改正案の今国会成立を断念した。
世論の批判が高まったことを受けて、方針を転換した。

一部には国民が批判の声を上げた(ネットによる反発)ことをあげて、国民の怒りや批判が効果を上げたという人がいるかもしれませんが、個人的には「政権の強かさ」を感じます。
押すべきは押し、引くべきは引く…評価はどうであれ、法案は継続審議となって残り、しかも傷は大きくなる前に対処した…そう考えれば「政権側の勝ち」かもしれません。

※陸自 水に強い小銃「20式」導入 31年ぶりに更新(朝日新聞デジタル 20年5月18日より)
防衛省は18日、東京・市ヶ谷の本省で陸上自衛隊が今年度から導入する…

新しい小銃を報道公開した。
小銃の更新は31年ぶりで、導入年度にちなんで「20式」とされ、1世代前の「89式」と同じ豊和工業製。
長さ約78センチ、口径5.56ミリ、重さ約3.5キロ、一丁あたりの価格は約28万円だそうで、現行の物より水に強くさびにくい。

東シナ海での中国の海洋進出をにらんで、南西諸島の防衛を意識し、配備される予定とのこと。

|

« 記のみ気のまま雑記帳(5月18日) | トップページ | 愛馬会 令和2年5月度収支です(5月20日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 記のみ気のまま雑記帳(5月18日) | トップページ | 愛馬会 令和2年5月度収支です(5月20日) »