« 土曜競馬の結果と反省&桜花賞ほか日曜競馬予想(4月12日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&桜花賞ほか日曜競馬の結果と反省(4月13日) »

2020年4月12日 (日曜日)

読書の「ど」! ブラタモリ 14 箱根 箱根関所 鹿児島 弘前 十和田湖 奥入瀬(NHK「ブラタモリ」制作班 角川書店)(4月12日) 

コロナウイルスの影響で、不要不急の外出が制限されています。
そこで雰囲気だけでも、旅に出た気持ちになればと、おすすめします。

@¥@¥@¥@¥@¥@¥@¥@@¥@

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「ブラタモリ 14 箱根 箱根関所 鹿児島 弘前 十和田湖・奥入瀬(NHK「ブラタモリ」制作班 角川書店)です(感想には個人差があります)。

Cimg0946

本書はNHKで放送されている「ブラタモリ」の書籍版です。

今回は、箱根と箱根関所を訪ねてその地形と関所に関する歴史を扱った「箱根・箱根関所」、18年度の大河ドラマの舞台である鹿児島を訪ね、「なぜ鹿児島が明治維新を成し遂げる原動力となったか?」を探訪した「鹿児島」、青森県弘前市を訪ね、この街の成り立ちがサムライによって成し遂げられたものであり、特産のリンゴにも侍が大きくかかわっていたことを知ることとなる「弘前」、十和田湖を訪ね、その地形の成り立ちから十和田湖の秘密に迫り、その十和田湖から続く奥入瀬峡の成立と秘密に迫った「十和田湖・奥入瀬」からなっています。
放送時も丁寧な説明で面白く見ることができましたが、本書ではその内容に加え、「その道のプロ」である毎回の解説ゲストの方々の「こぼれ話」や同行している近江アナウンサーの「つぶやきん」など、放送ではわからなかった、あるいは補足的な部分が効果的で、楽しく読めました。放送内容を「おさらい」する感じで、実際には「読む」というよりも、「眺めて」楽しむ感じの1冊です。

|

« 土曜競馬の結果と反省&桜花賞ほか日曜競馬予想(4月12日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&桜花賞ほか日曜競馬の結果と反省(4月13日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土曜競馬の結果と反省&桜花賞ほか日曜競馬予想(4月12日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&桜花賞ほか日曜競馬の結果と反省(4月13日) »