« 愛馬会 令和2年4月度収支です(4月20日) | トップページ | 読書の「ど」! 大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 北斎に聞いてみろ(山本巧次 宝島社文庫)(4月21日) »

2020年4月21日 (火曜日)

気のみ記のまま雑記帳(4月21日)

気のみ記のまま雑記帳(意見には個人差があります)

Dsc_4544_20200420212801

徳島からは市長に関する話題を2つ…一つはいいこと、一つは悪いこと…なのかもしれません。

※内藤佐和子徳島市長、公務本格スタート
※パワハラ認めた小松島市長辞職へ
※小松島市長が辞職 パワハラ「世間騒がせた」出直し選に含み(いずれも徳島新聞電子版 20年4月20日より)

4月5日の市長選で現職を破り、みごと初当選を果たした内藤佐和子市長が20日、初登庁した。
任期が始まった18日には、新型コロナウィルス感染症対策本部会議出席のため休日ながら初登庁しているが、20日が実質的な公務のスタートとなった。
内藤市長は女性として初の徳島市長。

また20日、ゴミ処理などで意見が対立した副市長を解任した浜田保徳小松島市長が…

辞職する意向を市幹部に伝え、記者会見を行った。
市長は前副市長に対するパワハラを認め「世間を騒がせた責任を取る」などと謝罪したが、解任された副市長が主張する小松島競輪に関する入札改ざんについては否定した。
また自身の出直し選世の出馬には含みを持たせた。

全く対照的な市長のお話でした。
内藤市長の活躍を祈るとともに、小松島市政が滞りなく行われることを祈ります。

|

« 愛馬会 令和2年4月度収支です(4月20日) | トップページ | 読書の「ど」! 大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 北斎に聞いてみろ(山本巧次 宝島社文庫)(4月21日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛馬会 令和2年4月度収支です(4月20日) | トップページ | 読書の「ど」! 大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 北斎に聞いてみろ(山本巧次 宝島社文庫)(4月21日) »