« 気のみ記のまま雑記帳&サケノトモ キョクヨー 真いか 煮付(3月25日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(3月27日) »

2020年3月26日 (木曜日)

読書の「ど」! テンジュの国 3 (泉一聞 講談社少年マガジンKCDC)(3月26日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「テンジュの国 3」(泉一聞 講談社週刊少年マガジンKCDC)です(感想にはl個人差があります)。

Cimg1035

今巻では、一妻多夫制の残るこの地域で、カン・シバの婚約者であるモシ・ラティを口説く男が現れたり、カン・シバによって命を救われた男の物語や、この地域で行われる「競馬まつり」という一大イベントを扱った物語となっています。
また、お祭りに絡んだ出場権を争う物語や、お祭り会場でのできごとなどが描かれます。
大きな事件が起こるというわけでないですが、逆にそうであるから読み進めていくと、次の展開が気になります。
次巻が楽しみですね。

|

« 気のみ記のまま雑記帳&サケノトモ キョクヨー 真いか 煮付(3月25日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(3月27日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気のみ記のまま雑記帳&サケノトモ キョクヨー 真いか 煮付(3月25日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(3月27日) »