« あとは野となれ山となれ 第29回(3月3日) | トップページ | 読書の「ど」! イサック 5 (真刈信二 DOUBLE-S 講談社アフタヌーンKC)(3月4日) »

2020年3月 4日 (水曜日)

気のみ記のまま雑記帳(3月4日)

気のみ記のまま雑記帳(感想には個人差があります)

Dsc_11541

今回の新型コロナウィルスの件、景気が後退する、経済が冷え込む、対策が場当たり的で後手後手であるなど、様々な意見がありますが、ある意味この流行は、様々なことについて考える「いいチャンス」かもしれません。

決して、ウイルスの流行がいいというわけではありません。

いままで当然のように思っていた生活が、実は当然ではなかった、事に気がつかされることが、なんと多いことか。

例えばいわゆる外国人観光客の「インバウンド」なる消費に頼る…

経済の危うさ、学校が一斉休校になった際に明らかになった様々な問題(共働き家族や休むことが難しい職種が多いこと、そしてそういった場合の施策がないに等しかったこと)、時差出勤や在宅勤務・テレワークなどの働き方改革、コストの安さで中国に頼ることの危険性さが明らかになってきた製造業の問題、などなど、もう一度考えてみなければならないことが、浮き彫りになりました。

こういった問題を再度考えるチャンス、と今回のコロナウィルス流行を捉えてみる、のは、不謹慎ですか。

絶対に日本人はこの難局を乗り越えられるはず。
そして諸問題を解決できるはず。

もうひと頑張り…と信じたいです。

|

« あとは野となれ山となれ 第29回(3月3日) | トップページ | 読書の「ど」! イサック 5 (真刈信二 DOUBLE-S 講談社アフタヌーンKC)(3月4日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あとは野となれ山となれ 第29回(3月3日) | トップページ | 読書の「ど」! イサック 5 (真刈信二 DOUBLE-S 講談社アフタヌーンKC)(3月4日) »