« 日曜競馬の結果と反省(2月10日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&佐賀競馬 第47回 佐賀記念予想(2月11日) »

2020年2月10日 (月曜日)

読書の「ど」! 乙嫁語り(おとよめ) 11 (森薫 エンターブレイン)(2月9日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「乙嫁(おとよめ)語り 11」(森薫(もり・かおる) エンターブレイン)です(感想には個人差があります)。

Cimg1006

物語は19世紀の中央アジア、カスピ海沿岸地域が舞台です。

今巻では、再会したタスラを嫁として迎えるために、再びタスラの故郷を訪ねる物語となっています。

スミスは再びタスラの故郷を訪ねるに当たり、写真を撮ることを企図します。
その理由を聞かれたスミス…写真は、今の姿をこの後も残すことができるから、という物でした。
スミスとタスラは再び旅に出ます。そして目的地に向かうために港町・アンタリアに向かいます。
アンタリアについた二人…ブランコを楽しみます。

故郷への旅は始まったばかり…この先の展開が楽しみ…でもあり不安でもあります。
次巻が楽しみです。
ちなみに今巻では、以前スミスが砂漠に投げ捨てた「懐中時計」の数奇な物語も

描かれています。

|

« 日曜競馬の結果と反省(2月10日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&佐賀競馬 第47回 佐賀記念予想(2月11日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜競馬の結果と反省(2月10日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&佐賀競馬 第47回 佐賀記念予想(2月11日) »