フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

« あとは野となれ山となれ 第28回(1月8日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(1月10日) »

2020年1月 9日 (木曜日)

気のみ記のまま雑記帳(1月9日)

気のみ記のまま雑記帳(意見には個人差があります)

Nec_4773_20200108232101

昨日8日に、兵庫県の園田競馬でデビュー予定だった、愛馬・ラニカイシチー。
馬場状態が悪く、4レース以降が取りやめになったので、デビューはお預けとなった。
次走に期待。

※「心神喪失」と無罪主張 障害者施設45人殺傷初公判 植松被告、基礎内容認める 謝罪後暴れ休廷(スポニチアネックス 20年1月8日より)
2,016年7月、神奈川県相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で、入所者・職員など45名が殺生された事件で、殺人罪などに問われた元職員・植松聖被告(29歳)の裁判員裁判が、横浜地裁で行われた。
弁護側は…

「事件当時、精神障害があり、心神喪失か心神耗弱」と無実を主張した。
植松被告は罪状認否で起訴内容について「間違いありません」と認めた。被告はその後「皆様にお詫びします」といい、口元に手をやって体を激しくゆらしだし、取り押さえられ、休廷した。

この事件が起こった当時、逮捕された植松被告は「意思疎通ができない人たちを刺した」「障害者なんていなくなればいい」などと話していたという。
休廷した審理は、25日間程度の日程で、3月16日には判決が言い渡される予定。
植松被告は「自己愛生パーソナリティ障害」と診断され、横浜地検は17年2月に全責任能力を問えると判断し起訴、弁護側は起訴後の精神鑑定を請求し、同様の診断が出ていた。

この事件、様々な事柄が重なっています。
一つは「命の重さ」…障害がある方も、ないものもも同じ命であるはずが、なぜ、植松被告の様な考えに至り、行動に移させてしまったのかということ。
もう一つは「被害者の人権」…裁判ではプライバシーに考慮し、被害者は実名ではなく「甲A」「乙B」などとされたが、被害者の家族の家族からは「被害者が生きた証として実名を」との意見もあると聞きます。

何が彼のそうさせたのか…「人権」とはなにか…様々な問題を含んだ事件は、裁判という形で、一定の解決をを模索しているようです。
誰もが納得行くような結果が出るでしょうか?あるいは再度検討するための「材料」としての結果となるのでしょうか?

裁判の行方に注目です。

個人的には、何か事件があるたびに「心神喪失」「心神耗弱」で弁護士が動くのは…どうかなあと思います。
被告に人権があることも百も承知ですが、なにか精神や精神状態に問題があっても、被告は現場まで自動車を運転してきたり、殺害に刃物を使うなど、一定の行為については「その道具をどう使うか」「その道具を使うとどんな結果が待っているか」を知っているし、その上で使用したとしか思えません。
そんな人物を救う必要があるのか…と思います。

 

« あとは野となれ山となれ 第28回(1月8日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(1月10日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あとは野となれ山となれ 第28回(1月8日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(1月10日) »

無料ブログはココログ