フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

« 有馬記念ほか日曜競馬の結果と反省(12月22日) | トップページ | 読書の「ど」!心配学 本当の確立となぜすれる?(島崎敢 光文社新書)(12月24日) »

2019年12月23日 (月曜日)

気のみ記のまま雑記帳(12月23日)

気のみ記のまま雑記帳。
昨日は冬至。

Dsc_5111

我が家も少しですが、ゆず湯で、恩恵に預かりました。

※有馬記念 リスクラジューが有終V レーン「引退が残念。さらに馬が成長していた」
※有馬記念 リスクラジューがラストランでV アーモンドアイはファン投票1位も初の中山で9着に沈む(いずれもスポニチアネックス 19年12月22日より)
22日に中山競馬場で行われた「第64回 有馬記念」は、レーン騎手騎乗の2番人気リスクラジューがラストランで有終の美を飾った。
2着には3番人気のサートゥルナーリアが、3着には4番人気のワールドプレミアが入線した。
一方、ファン投票1位で1番人気の…

アーモンドアイは香港遠征を発熱で断念した影響は小さかったが、初めての中山コースで直線伸びず9着となった。

※ミルクボーイが令和最初の「M-1王者」! 史上最高得点出た!過去最多5040組の頂点に(スポニチアネックス 19年12月22日より)
令和最初の漫才日本一を決める「M-1グランプリ」の決勝が22日、東京で行われ、ファーストラウンドで史上最高得点となる681点を記録した、お笑いコンビ「ミルクボーイ」が、第15代チャンピオンに輝いた。
決勝は、すゑひろがり、からし蓮根、ニューヨーク、オズワルド、インディアンズ、ミルクボーイ、かまいたち、ぺこぱ、見取り図に、敗者復活戦からの和牛をくわえた10組で行われた。
決勝の2回戦にはぺこぱ、かまいたち、ミルクボーイが進出、ミルクボーイが審査員7人中6人の支持を得て優勝した。

見ていて、残った3組は面白かったです。
個人的には初見だった「ぺこぱ」が一番面白かったです。
かまいたちは、逆に安定していたのが、逆の評価に働いた気がします。
ぺこぱ…来年もいいところまでくるのでは?と思います。

« 有馬記念ほか日曜競馬の結果と反省(12月22日) | トップページ | 読書の「ど」!心配学 本当の確立となぜすれる?(島崎敢 光文社新書)(12月24日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 有馬記念ほか日曜競馬の結果と反省(12月22日) | トップページ | 読書の「ど」!心配学 本当の確立となぜすれる?(島崎敢 光文社新書)(12月24日) »

無料ブログはココログ