フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

« 気のみ記のまま雑記帳&日曜競馬の結果と反省(10月7日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(10月8日) »

2019年10月 7日 (月曜日)

読書の「ど」! イサック 4 (真刈信二 DOUBLE-S 講談社アフタヌーンKC)(10月7日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!、今回は「イサック 4」(原作・真刈信二 漫画・DOUBLE-S 講談社アフタヌーンKC)です(感想には個人差があります)。

Cimg0863

前巻でゼッタによる銃撃を行うことになったイサック…その銃撃は見事ロレンツォを狙い撃ち、その銃撃はあとわずかでロレンツォンの命を奪うものとなりました。
一方で、攻撃は激しさを増します。
そこへ届いたのは、援軍のイギリス軍が到着するとのものでした…がその報は相手方へも伝わっていました。

夜半に王太子の陣へ戻ってきたロレンツォ…ロドリゴがこの戦に勝利したら、自らの威光で戦をなくすことが目的であると語ったことに激怒、その命を奪い、逃げ出します。
そのことに気が付いた副官のロドリゴ…前線の部隊にそのことを伝え、撤退を始めます。

実はこの撤退…ロレンツォとイサックをおびき寄せるための作戦でした。
敵の策に引っかかって捕まったプリンツを取り戻すために行動するイサック…そこになっていたのはロレンツ…相対する2人。
そして迫る追手…この先どうなるのか?

続きの展開が楽しみです。

« 気のみ記のまま雑記帳&日曜競馬の結果と反省(10月7日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(10月8日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気のみ記のまま雑記帳&日曜競馬の結果と反省(10月7日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(10月8日) »

無料ブログはココログ