フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

« サケノトモ HOTEI 液切りいらずの しっとりツナ 水煮(9月17日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(9月19日) »

2019年9月18日 (水曜日)

読書の「ど」! アヤメくんの のんびり肉食日誌 9 (町麻衣 祥伝社FCスイング)(9月18日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「アヤメくんの のんびり肉食日誌 9」(町麻衣(まち・あい) 祥伝社)です(感想には個人差があります)。

Cimg2938

本作は某大学の生物学科が舞台です。
その生物学科には、父が有名考古学者で帰国子女の菖蒲瞬(あやめ・しゅん)…ちょっと風変わりで恐竜オタクで、好奇心旺盛…とこの研究室の先輩である椿雛菊(つばき・でいじー)女史の二人が織りなす恋愛物語となっています。

今巻では前巻で出会った「ワニの仁英」こと仁英先輩と、その仁英をもうまく「操る」関係の怜子が現れて、二人の仲が進展するかどうか…という物語と、T大の理学部に入学してきた天馬龍一郎の話や、イギリスへ留学し、かねてより好意を持っていたエリザベスとの仲が…進展した様子の中里君の話からなります。
物語は、恋模様を描きながら、進んでいきます。この先、どんな展開が待っているのか…。

次号が楽しみですね。

« サケノトモ HOTEI 液切りいらずの しっとりツナ 水煮(9月17日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(9月19日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サケノトモ HOTEI 液切りいらずの しっとりツナ 水煮(9月17日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(9月19日) »

無料ブログはココログ