フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

« 読書の「ど」! イサック 3 (真刈信二 DOUBLE-S 講談社アフタヌーンKC)(8月22日) | トップページ | 読書の「ど」! スタンダップダブル! 甲子園ステージ(小路幸也 ハルキ文庫)(8月23日) »

2019年8月23日 (金曜日)

気のみ記のまま雑記帳(8月23日)

気のみ記のまま雑記帳(意見には個人差があります)

Dsc_24011

※韓国政府、日韓「GSOMIA」の終了を決定
※GSOMIA破棄、日本側が抗議…韓国から事前連絡なし(いずれも読売新聞オンライン 19年8月22日より)
今月24日に更新を迎える日本と韓国の間でむずばれた日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、韓国大統領府は22日午後、更新せずに破棄し、終了を決めた。

いくら同じ民族であっても、喉元に飛翔体やミサイルを突きつけられ、しかも核を持った相手が横にいいるのに、本当にこれでいいんでしょうか?
よほどのお人好しか、馬鹿か…。

今回の件で日韓の関係は、さらに悪くなるのではないでしょうか?

どこまで戻れば、いいのか…個人的には昨年末の「レーダー照射」まで戻らないといけないと思います。
そのことを韓国がうやむやにして、日本側が悪い、といって逃げたことが、今回のことにつながっている気がします。
「ゴールかと思ったらゴールポストを動かされた」…いつものこととはいえ、うんざりです。
少なくとも日本はレーダー照射の時も、徴用工判決のことについても「日韓基本条約」に基づいて話し合おうと行ってきたのに無視して、本当に話の場に出てきて、話さなければならないのは、韓国側だと思いますけどね。

※履正社、春のリベンジ果たし初優勝! 野口主将が勝ち越し打 星陵・奥川は11安打5失点完投も(スポニチアネックス 19年8月22日より)
第101回全国高校野球選手権大会は、22日に決勝戦が行われ…

履正社が星陵を5-3で破り初優勝を飾った。
星陵はあと一歩及ばず、準優勝となった。

« 読書の「ど」! イサック 3 (真刈信二 DOUBLE-S 講談社アフタヌーンKC)(8月22日) | トップページ | 読書の「ど」! スタンダップダブル! 甲子園ステージ(小路幸也 ハルキ文庫)(8月23日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読書の「ど」! イサック 3 (真刈信二 DOUBLE-S 講談社アフタヌーンKC)(8月22日) | トップページ | 読書の「ど」! スタンダップダブル! 甲子園ステージ(小路幸也 ハルキ文庫)(8月23日) »

無料ブログはココログ