« 読書の「ど」!牧場OL 3(丸井まお 芳文社マンガタイムコミックス)(8月20日) | トップページ | サケノトモ ニッスイ 炙り鯖 塩焼き(8月21日) »

2019年8月21日 (水曜日)

気のみ記のまま雑記帳(8月21日)

気のみ記のまま雑記帳(意見には個人差があります)

Dsc_24121

※スリムクラブら11人処分解除 闇営業ネタ披露…涙、反省…のち笑い(スポニチアネックス 19年8月20日より)
反社会的勢力との闇営業で吉本興業から謹慎処分を受けていた芸人11人が19日、一斉に謹慎処分を解除された。
この日東京の劇場に出演したスリムクラブは…

割り当てのほぼ10分間を闇営業をネタにした漫才を披露、真栄田賢さんは「本当に申し訳ありませんでした。また頑張ります」と頭を何度も下げた。
謹慎期間中はボランティアなどに参加したり、仲間や先輩芸人に励まされていたという。
そのほかの芸人も、舞台に出演するなどして、復帰した。

なんか記事だけを見ると、とてもいい話、みたいな感じですが…なんか事の本質からそれてしまった感のある今回の一連の「闇営業」騒動。
結局は、「吉本興業内部での芸人と経営陣側の暗闘」だったのでは、と思わざるを得ません。

本来ならば、「闇営業」は「所属会社」に対して黙って営業(仕事)を引き受けて報酬(ギャラ)を受け取ったことが問題で、そのこと自体は企業内で処分対象になるのは当然のことと思いますが、今回のことは「闇営業」で「反社会団体からギャラ(報酬)を受け取ったこと」が問題だったはずでは?
そのことが、一連の騒動でないがしろになって、当該芸人に対する「同情論」みたいなものが広がって、うやむやになって…。
一部の芸人がかき混ぜた「会社を辞める」とか「会長・社長の辞任を求める」とかいうこととは、次元が違う話ではないか?と思います。

今回はその辺が、なんか「ごちゃ混ぜ」になってしまった感じで、「ワイドな」議論にならなかったし、処分解除になったそうですが「スッキリ!」しませんね。

まぁ結局は「大山鳴動してネズミ一匹」。「誰が損して、誰が得をしたか」という話になってしまったみたいで、残念です。

ニュースになったこと自体が、ワイドショーやいわゆる「芸能記者」などが騒いで作り出した「マッチポンプ」みたいだったし…。
これも「台風情報」や「あおり運転」の話題と同じの一種の「話題」だったのかと思うと、アノ騒ぎは何だったのかと思います。

|

« 読書の「ど」!牧場OL 3(丸井まお 芳文社マンガタイムコミックス)(8月20日) | トップページ | サケノトモ ニッスイ 炙り鯖 塩焼き(8月21日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書の「ど」!牧場OL 3(丸井まお 芳文社マンガタイムコミックス)(8月20日) | トップページ | サケノトモ ニッスイ 炙り鯖 塩焼き(8月21日) »