フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 気のみ記のまま雑記帳(7月1日) | トップページ | サケノトモ あみじゃが コンソメ味(7月2日) »

2019年7月 1日 (月曜日)

読書の「ど」!思い出の時修理します 4 (谷瑞恵(たにみずえ) 集英社文庫)(7月1日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「思い出のとき 修理します4 永久時計を胸に」(谷瑞恵(たに・みずえ) 集英社文庫)です(感想には個人差があります)。

Cimg0670

物語の舞台は街の中心から外れ寂れた感じのする商店街で、その一角にある…というかあった理容店跡に仕事に住むことになった美容師の明里(あかり)と、その理容店跡の店の斜め向かいにあるのが、表に「思い出の時 修理します」という看板を出した時計店の店主・飯田秀司(いいだ・しゅうじ)を中心として、展開していきます。

前巻で恋人関係となった二人…今作でも、飯田時計店に時計の修理を頼んでくる人々や、明里や秀司に関係した人物が、タイトルの通りに人々の思い出に時計が絡んで繰り広げられる、それぞれの人物の物語が織りなす様々な人々の思い出と関わり合いを持つこととなります。

今巻でも、大きな事件は起こりませんが、今巻では二人がお互いに「重大な」決断を下すことになるようです。

登場人物がすべてハッピーエンドを迎えるのですが、今巻で完結だそうです。

気に入っていたシリーズでしたから、終わるのは残念な気もしますが、長々と続けるよりも、切りのいいところで終わった方が、この先の展開に想像が膨らんでいいかも知れません。

« 気のみ記のまま雑記帳(7月1日) | トップページ | サケノトモ あみじゃが コンソメ味(7月2日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気のみ記のまま雑記帳(7月1日) | トップページ | サケノトモ あみじゃが コンソメ味(7月2日) »