« 土曜競馬予想&土曜時点 皐月賞予想(4月13日) | トップページ | 土曜競馬の結果と反省&皐月賞ほか日曜競馬予想(4月14日) »

2019年4月14日 (日曜日)

読書の「ど」! ピアノの森 18(一色まこと 講談社漫画文庫)(4月14日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「ピアノの森 18(一色まこと 講談社漫画文庫)です(感想には個人差があります。また内容に触れますのでご注意を)。

Cimg0843

18年4月からNHK総合でアニメが放送されているのを見て、興味があって購入しました。
アニメの方はどうやら14日放送分でフィナーレを迎えるようです。

アニメの原作となった本書は、1998年から2015年の18年間にわたって描き続けられたものとなっています。
「講談社漫画文庫」は単行本とは違った装丁で編集されています。

審査の結果…ますは4賞が発表され、ポロネース賞はパン・ウェイが受賞。そして残る3賞であるマズルカ・コンチェルト・ソナタ賞は一ノ瀬海(いちのせ・かい)が受賞します。
そして発表された順位…見事、海は、1位を射止めます。

その後、海はガラ・コンサートなどで忙しくしていたのですが…梨本医師と仲尾医師は会場で阿字野壮介(あじの・そうすけ)を見つけ出し、「海」の将来にかかわる件を話しすることとなります。

仲尾医師は「手を手術する」ことを阿字野に話します…ですがその「手」を手術するのは、海ではなくて、どうやら自分であることを仲尾医師から知らされます。
海は、梨本医師を通じて、手の手術の権威である中尾医師を探し出し、阿字野の左手を手術することを依頼していたのでした。
その理由を聞かれた海は「阿字野には先生ではなくて生涯のライバルであってほしい」「阿字野の手が治るのならば、あの事故以来失われていた阿字野のピアノの先を聴きたい」と伝えます。

阿字野は手の手術を受け入れます。

帰国後、演奏を行う海…一方であの「森の端」では大事件が起こって、森の端自体がなくなってしまうということが起こります。

阿字野の手の手術…仲尾医師の技術で見事成功。医学的には問題ないようですが、以前のように指が動きません。
そのことを知ったパン・ウェイは、阿字野の手が動くようになるよう協力します。
ですが上手くいきません。そのことを心配した海は、海外から帰国、阿字野と対面します。
そこで海は、阿字野が海に語っていたこと…を再び語り、阿字野は自分の左手が「息を吹きかえしたた」ばかりであることに気が付いて、自分のピアノを聴かせたい相手のことを思い、再びピアノ演奏を始めるのでした。

そして月日は過ぎて…ついに阿字野の復活コンサートが開かれることになります。
再開発された「森の端」ではレイコが開店した店で、かつての仲間が働いています。
パン・ウェイは、義父のハオが経営する工場を引き継いでいました。
誉子は、修平との約束通りに次回のショパンコンクールを目指しているようです。
ついに始まった阿字野壮介復活コンサート…その演奏は、再び生きる意味を授けてもらった海と、亡き母、亡き恋人にささげるものでした。

一方海は、裏方に徹して、表には出てきません。
演奏が終わって休憩に入った会場…舞台上では、2台のピアノが用意されています。
そのピアノを調律するのは、海と優勝を争ったコンテスタントで、調律師を目指す決心をした向井でした。

これまで曲目が決まっていないとされていた後半…演目はモーツアルト作曲「2台のピアノのための協奏曲」、演奏者が発表され、第1ピアノは阿字野壮介…そして第2ピアノは…一ノ瀬海!
ふたりはついに共演を果たします…。

これで物語は終わります。
文書が拙いのでうまく方言できませんが、本当に素晴らしい作品です。
一色まこと氏の絵はもちろん、物語の構成も素晴らしい!
完結までに18年かかったそうですが、だからこそ、素晴らしい一篇の「大河ドラマ」を鑑賞したがごとく、心に響く感想を持つことができるようです。
ああ、本当に終わってしまうのがもったいない!と思います。
作者にその気があるかどうかわかりませんが、このキャラクターだけでスピンオフ作品ができるのでは?と思うほどに、魅力的な物語でした(海が誉子の家のピアノの調律に向かう話も本編ではありましたし、たとえば調律師を目指す向井の物語や、既に二人の子供の母親であるアレグラ・グラナドスの物語、恋人から結婚しようといわれたダニエル・ハントの物語、その後のエミリアとシマノフスキの物語などもできるのでは?と思います)。

そう思わせるほど、本当にいい作品でした。

|

« 土曜競馬予想&土曜時点 皐月賞予想(4月13日) | トップページ | 土曜競馬の結果と反省&皐月賞ほか日曜競馬予想(4月14日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土曜競馬予想&土曜時点 皐月賞予想(4月13日) | トップページ | 土曜競馬の結果と反省&皐月賞ほか日曜競馬予想(4月14日) »