« 日曜競馬の結果と反省&高知競馬 第35回 二十四万石賞の結果と反省(4月22日) | トップページ | サケノトモ HOKO まぐろフレーク 味付(4月24日) »

2019年4月23日 (火曜日)

読書の「ど」! 東京カリニク鉄砲隊(これかわかずとも 角川コミックスエース)(4月23日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!。

今回は「東京カリニク鉄砲隊」(これかわかずとも 角川コミックエース)です(感想には個人差があります)。

Cimg0672

 

鉄砲でイノシシやシカを狩猟するなどというと、すごく特別なことのように個人的には思うのですが、仕事柄山間部へも行くと、お客様宅の居間で、ふと見上げると鹿の角がかけられていたり(しかも頭蓋骨付き)、軽トラの荷台にビニールをかぶせられている「こんもり」とした生き物の脚が見えていたり、山道ではイノシシが突然車の前を横切ったりします。

作者は東京・高円寺に住む、漫画家の栄川カズアキ…彼は鹿やイノシシなどを猟銃でハンティングした際に得られる狩猟肉(カリニク)を欲しいとの私利私欲から、猟銃免許を取得、狩猟に参加することとなり、その際の猟のことや、狩猟した獲物の処理などの様子を描いた物語となっています。

狩猟…と言ってもいったいどんなことをしているのか?
その辺がよくわからないところでスが、そのことをコミカルに、ある時はシリアスに、わかりやすいものとして描いています。
狩猟を始めてみようと思う方はもちろんですが、狩猟に関する知識を紹介した1冊としても、肩もこらずに読むことができます。

|

« 日曜競馬の結果と反省&高知競馬 第35回 二十四万石賞の結果と反省(4月22日) | トップページ | サケノトモ HOKO まぐろフレーク 味付(4月24日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜競馬の結果と反省&高知競馬 第35回 二十四万石賞の結果と反省(4月22日) | トップページ | サケノトモ HOKO まぐろフレーク 味付(4月24日) »