フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

« 気のみ記のまま雑記帳(2月7日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(2月8日) »

2019年2月 7日 (木曜日)

サケノトモ マルハニチロ さば水煮(2月7日)

食べない方がいいんだけど、お酒を飲むときにちょっとほしくなる「サケノトモ」。
今回は「マルハニチロ さば水煮」(マルハニチロ株式会社)です(味の好みには個人差があります)。

Cimg0468
C0468

いただきます!

Cimg0469_2
(C0469

この「マルハニチロ さば水煮」
近所のスーパーの食品売り場で購入。

Cimg0465
C0465
販売者は「マルハニチロ株式会社」、製造者「株式会社マルハニチロ北日本 青森工場」です。

缶を見ると「機能性表示食品」「食生活は、主菜、副菜を基本衣、食事のバランスを」「中性脂肪が気になる方に」とあります。さらに

Cimg0467


(C0467
「機能性食品」といしての届出表示は「本品にはDHA-EPAが含まれます。DHA-EPAは中性脂肪を低下させる機能があることが報告されています」とあります。
さらに「本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものでありません」「本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません」などの注意喚起が表示されています。

因みに一缶当たり(190グラム)の機能性関与成分は

Cimg0467_3
0467
DHAが516mg、EPAが344mg、合計860mgだそうです。

缶を開けると、水にされたサバが見られます。
口に入れると、味付けは塩味だけのさっぱりしたものですが、塩加減はちょうどよく、噛んでいるうちに、サバの身から旨味が出てきます。
青魚特有の臭み身もなく、身もやわらかで、食べられました。

サケノトモにもピッタリですが、「あともう一品欲しい」というようなときの夕食を飾る一品としても十分いけると思います。

« 気のみ記のまま雑記帳(2月7日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(2月8日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サケノトモ マルハニチロ さば水煮(2月7日):

« 気のみ記のまま雑記帳(2月7日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(2月8日) »

無料ブログはココログ