フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« サケノトモ プリッツ 発酵バター(2月23日) | トップページ | 読書の「ど」! 大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 両国橋の御落胤(山本巧次 宝島社文庫)(2月14日) »

2019年2月14日 (木曜日)

気のみ記のまま雑記帳(2月14日)

気のみ記のまま雑記帳(意見には個人差があります)
昨日は病院でした。先日の高血圧の薬の服用結果のことでしたが…

Dsc_4256
下は下がったものの、上には変化がないということで、夕食後の薬が一つ増えました。
これで結果が出てくれればいいのですが。

※池江璃花子「自分に乗り越えらない壁はない」 世界中からのエールに感謝
※桜田五輪相「本当にがっかり」発言 野党は更迭要求「閣僚がかける言葉なのか」(いずれもスポニチアネックス 19年2月13日より)
12日に白血病であることを公表した女子競泳の池江璃花子さんが13日に自身のツイッターを更新し、世界中から寄せられたエールに感謝し、「神様は乗り越えられない試練は与えない。自分に乗り越えられない壁はないと思っています」「必ず戻ってきます」と決意をつづった。

一方で12日に、桜田義孝五輪相が都内で記者団の質問に答え…

池江選手に関し「金メダル候補。日本が誇るべき選手」としたうえで、「非常に期待している。1人がリードすると皆、その人につられて全体が盛り上がる。そういった盛り上がりが下火にならないか、若干心配している」と語った。
この件に関して桜田氏が「本当にがっかりしている」と発言したとされることについて桜田氏は「病状の回復が第一だ。治療に専念して、早く元気になってもらいたい」との趣旨だったと説明した。
これについて国民民主党の玉木代表は「酷い、閣僚がかける言葉なのか。安倍政権の体質を典型的に表している。罷免を求めたい」、立憲民主党の枝野代表は「大変な病気でお嬢さんが苦悩しているのに寄り添えない。この6年余りの政治の象徴ではないか」と批判しているとのこと。

野党の方々の発言は、「選挙目当てのパフォーナンス」を含むとしても、先ずは治療が第一で、活躍が期待されていたことについては残念ですが、病気を克服していただくことが、何をおいても第一だと思います。

桜田五輪相の発言は、確かに適切さを欠いたものであったかも知れませんが、五輪担当、という立場では、あのような発言も、致し方ない面はあると思ます。
だって…オリンピックでも一番盛り上がるのは日本人選手が金メダル候補で、しかも金メダルを取ったならば、誰だって嬉しいはずだし、盛り上がることは必至ではないかと思うからです。
その「候補」である選手が外れる(現時点はそうなるかわからないそうですが)ことは「残念」で「がっかり」することではないですか?
個人的な素直な気持ちの発露…だとは思うのですが、まぁ立場が「大臣」ですから「不適切」の批判は免れないでしょうね。

あと気になるのは、少し表現が世間一般的な考えとずれているような意見や感想を言った人々が「糾弾」されるみたいな雰囲気、何か嫌です。
様々な考え方や意見があって普通。その中で、言葉尻や発言をとって「批判」するのはいかがなものかと、個人的には思います。

切りがないので、ここまで。

« サケノトモ プリッツ 発酵バター(2月23日) | トップページ | 読書の「ど」! 大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 両国橋の御落胤(山本巧次 宝島社文庫)(2月14日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気のみ記のまま雑記帳(2月14日):

« サケノトモ プリッツ 発酵バター(2月23日) | トップページ | 読書の「ど」! 大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 両国橋の御落胤(山本巧次 宝島社文庫)(2月14日) »