« DVDでもいいじゃないか 映画観賞記 本能寺ホテル(1月29日) | トップページ | 川崎競馬 第68回 川崎記念の結果と反省(1月31日) »

2019年1月30日 (水曜日)

気のみ記のまま雑記帳&川崎競馬 第68回川崎記念予想(1月30日)

気のみ記のまま雑記帳(意見には個人差があります)。

別に誰かに褒めてもらおうとか、評価してもらおうと思って自分ではしていないと思っていたことが、実はそうでなかった、というようなことに、他人の指摘で気が付かされて…自分では、そんな気持ちはないつもりだったのに…。
そんな気持ちで握りしめる箒と塵取り…。

Dsc_3810

※ビル立ち退き遅れ、市長「火つけてこい」と暴言(ヨミウリオンライン 19年1月29日より)
いまどき時代劇の悪代官や、町が火事になれば木材が高騰して大儲けできると画策する材木問屋みたいな発言をする方がいるんですね…。

兵庫県明石市の泉房穂市長(55歳)が、2017年に市の道路拡幅事業でビルの立ち退きが遅れていたことについて、市の担当者らを呼び、「(事業が始まって)7年間、なにしとってん。ふざけんな、アホちゃうか」などと怒鳴ったうえに「今日、火をつけてこい、火つけて、捕まって来い。お前。今から行って、建物を燃やして来い。損害賠償(の責任は)、個人で負え」と迫ったという。
読売新聞の取材に市長は…

発言内容を認め、「怒りにまかせて言ってしまった。市長の振る舞いとして度を越えていた」と述べた。

確かに7年間も事業が前進していないことに市長として、何かしなければということは理解できますが、百歩譲って市の担当者らが解決に向かっての方策を講じていなかった、あるいは講じることができなかったとしても、どう考えても違法な方法で「解決せよ」と指示することはいかがなものかと思います。
それに、「怒りにまかせて言ってしまった」とのことですが、第一に発言内容がすでに「コンプライアンス違反」だし、事業がうまくいっていないとしたら、市の最高責任者として、その事業の対象者となった先方と、市の最高責任者として市長自身が交渉に乗り出して解決するくらいのことをしてもよかったのでは?と思います。それを職員ができていなかったからと言って、こういう発言をするようでは、責任者として、仕事の丸投げで、無責任極まりないと思います。

それよりも今回は、この発言が「録音」されていたいたということですから、市長は普段でも、この程度のことは発言していたに違いないと思ってしまいます…しかも、何の行きがかりがあってか、発言が公にされて…人望もないのかなぁ…とも思います。
もしも言われた側が、市長の発した「仕事を遂行するに適切な発言」に、仕事を進めるための、何らかの「心遣い」や「気遣い」を感じたとしたら、こんなことにはならなかっただろうなと思います。

@:@:@¥@:@¥:@@@@@

30日に川崎競馬場で行われる 第11R・第68回川崎記念予想です。
予想馬は2番ケイティブレイブ、4番コパのチャーリー、4番アポロケンタッキー、5番ミツバ、8番オールブラッシュ、8番サルサディオーネで。
買い目は2番軸の3連複BOXで。

|

« DVDでもいいじゃないか 映画観賞記 本能寺ホテル(1月29日) | トップページ | 川崎競馬 第68回 川崎記念の結果と反省(1月31日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気のみ記のまま雑記帳&川崎競馬 第68回川崎記念予想(1月30日):

« DVDでもいいじゃないか 映画観賞記 本能寺ホテル(1月29日) | トップページ | 川崎競馬 第68回 川崎記念の結果と反省(1月31日) »