« 読書の「ど」! 増山超能力師事務所(誉田哲也 文春文庫)(1月16日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(1月18日) »

2019年1月17日 (木曜日)

気のみ記のまま雑記帳(1月17日)

気のみ記のまま雑記帳。

Dsc_4165
※韓国「日本が低空飛行なら我々も」 レーダー照射問題[朝日新聞デジタル 19年1月16日より)
海上自衛隊の哨戒機が韓国の駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けたとされる問題を巡り、14日に開かれた日韓実務協議で、韓国側が「日本が低空飛行をするなら我々も座視せず、低空飛行できる」と日本側を批判した。
韓国国防省の関係者が明らかにした。
この協議の際に韓国側が「第三国が同じ飛行をすれば日本は抗議しないのかとも指摘、それについて日本側は「危険な飛行ではない」とし、抗議もしないと答えたという。

この問題どこかで落としどころはないものでしょうか…たとえば「韓国側は照射した事実を認め、日本側はそのことを確認することで謝罪として受け入れる」ということで手を打てないモノでしょうか。
このままでは、どこまで行っても平行線で、解決の糸口すらつかめないままに、韓国側が有耶無耶にしてしまう気がしてなりません。ごね得だけは絶対に許してはならないと思います。それ相応の「ペナルティー」、受けてもらいたいものです。

※あおり殺害 衝突15秒後に被告「はい、終わり」(ヨミウリオンライン 19年1月16日より)
18年7月に大阪府堺市で、追い抜かれたバイクに腹を立てクラクションを鳴らしながら追跡するあおり運転を行って、約100キロで車にバイクを衝突させ、乗っていた大学生を死亡させたとして、殺人罪に問われている男(40歳)の裁判員裁判の初公判が15日に大阪地裁堺支部で行わた。
被告は「故意に衝突させたことはない」として殺意を否定した。
また被告は「被害者を死亡させたのは事実だが、腹を立てて、追いかけまわしたことはない」とも述べた。
被告側の弁護士はブレーキ踏んだが間に合わず衝突した」として、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)にあたるが、殺人罪には成立しないと訴えた。

ですが、被告の車にはドライブレコーダーが付いており…

検察側が公開した映像では、追い抜いた被害者のバイクに向かってクラクションを約10回鳴らしてスピードを上げ、時速約100キロで被害者のバイクに衝突した約15秒後に被告が「はい、終わり」とつぶやく様子が記録されていた。

この映像、「被害者」ではなく「被告」の車につけられていたドライブレコーダーで記録されたもの。これだけの証拠がありながら自分の罪を軽くしようと考えるとは…日本は法治国家で、法律に基づいて裁かれることが必定ですが、個人的には「殺人罪」にも問えるものではないかと思ます。

※稀勢の里 引退会見で涙 「土俵人生において一辺の悔いもございません」 年寄・荒磯を襲名(スポニチアネックス 19年1月16日より)
大相撲の第72代横綱・稀勢の里(32歳 田子の浦部屋)が16日、国技館で記者会見を開き、現役引退することを発表した。
横綱在位は12場所、成績は36勝36敗97休で、幕内通算714勝453敗97休、優勝2回だった。

賛否あるとは思いますが、まずはご苦労様でした、いままでありがとうございました、とねぎらいの言葉をと思います。

|

« 読書の「ど」! 増山超能力師事務所(誉田哲也 文春文庫)(1月16日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(1月18日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気のみ記のまま雑記帳(1月17日):

« 読書の「ど」! 増山超能力師事務所(誉田哲也 文春文庫)(1月16日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(1月18日) »