フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

« あとは野となれ山となれ 第19回  (1月10日) | トップページ | 土曜競馬予想(1月12日) »

2019年1月11日 (金曜日)

気のみ記のまま雑記帳(1月11日)

気のみ記のまま雑記帳。
最近気になっていることの一つに「コンビののレジ」があります。
レジに興味がある、といても何も悪いことをしようと考えているのではなく、気になるのは、「おつりの出し方」なんです。

Dsc_4159_2

今のレジを見ていると、たとえば会計が598円で1,000円札を渡すと、機械に吸い込ませるようにしていて、おつりの402円が別口から出てきて、返却する仕組みになっています。
だから、たとえば会計が905円の時に、「おつりが100円になるように1,005円」出しても、店員さんの手間は、「1000円渡しておつりが95円になる」のと、変わらないんですね。

都会のコンビニでは、外国人の店員さんも増えて、計算ミスをなくすべく、わかりやすいように、レジのバリアフリート化とでもいうべきことでこうなっているとは思うのですが、なんだか帰ってくるおつりを100円や500円ちょうどにしようとする「おつりをなるべく少額にする」という日本人の計算能力が下がっていくような気がして…なんと思うのは、私だけでしょうか?

まぁ、キャッスレスなんてことになれば、それも問題ないことかもしれませんが。

※文氏「日本はもう少し謙虚に」「判決尊重せよ」(ヨミウリオンライン 19年1月10日より)
韓国の文在寅(ムジェイン)大統領は10日、ソウルの大統領府で年頭の記者会見を開き、韓国人元徴用工への賠償を新日鉄住金に命じた昨年10月の韓国大法院(最高裁)の判決について…

「韓国政府は三権分立により判決を尊重しなくてはならない」と協調、そのうえで「日本は不満があっても、基本的にはどうしようもないという認識を持たなければならない」と述べて、日本側も判決を尊重すべきだとの認識を示したという。
日本政府が差し押さえの件について1965年の日韓請求権・経済協力協定に基づいて2国間協議を申しいれたことについては「両国が知恵を集めて解決し、未来志向な関係が傷つかないようにしようと何度も言っている」と述べた。
徴用工問題については「韓国政府が作りだしたものではなく、過去の不幸な歴史によって生まれた問題だ。日本政府はもう少し謙虚な姿勢を示さねばならない」と指摘した。
韓国大法院判決への日本側の対応については「日本の指導者たちがこれを政治争点化させ、問題を拡散していくのは賢明な態度ではない」と批判した。

「もう少し謙虚に」…「判決を尊重すべき」…「政治争点化させている」…そのまま「熨斗」付けてお返しします。

「両国が知恵を集めて解決し、未来志向な関係が傷つかないよう」にしたはずの「慰安婦問題」をチャラにしたのは、どこの誰ですか?
あなた方こそ、「両国の関係にもう少し謙虚」になって、「自国内の司法の判断が出たのならば、他国に解決を求めるのではなく、自国内で問題解決を図るべき」と思うし、「反日を煽って、政権基盤を安定化させるための政治争点化させているのは自分たちだ」ということに、自覚をもって」対応してほしいものです。

隣国だし、友好関係を持つことは必要ですが、必要以上に相手に譲歩する必要なないと思います。言うべきことは言う、日本政府には、韓国が反発してきても、その姿勢を貫いてほしいです。

« あとは野となれ山となれ 第19回  (1月10日) | トップページ | 土曜競馬予想(1月12日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気のみ記のまま雑記帳(1月11日):

« あとは野となれ山となれ 第19回  (1月10日) | トップページ | 土曜競馬予想(1月12日) »

無料ブログはココログ