フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

« 川崎競馬 第69回 全日本2歳優駿予想(12月19日) | トップページ | 川崎競馬 第69回 全日本2歳優駿の結果と反省(12月20日) »

2018年12月19日 (水曜日)

読書の「ど」! アヤメくんの のんびり肉食日誌 8 (町 麻衣 祥伝社FCスイング)(12月19日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「アヤメくんの のんびり肉食日誌 8」(町麻衣(まち・あい) 祥伝社)です(感想には個人差があります)。

Cimg0624

本作は某大学の生物学科が舞台です。
その生物学科には、父が有名考古学者で帰国子女の菖蒲瞬(あやめ・しゅん)…ちょっと風変わりで恐竜オタクで、好奇心旺盛…とこの研究室の先輩である椿雛菊(つばき・でいじー)女史の二人が織りなす恋愛物語となっています。

今巻では、アヤメの先輩にあたる鈴木仁英(ずずき・じんえい)、周囲からは恐れられる存在ですが、その前に「ある女性」が現れます。その女性は「桐生玲子(きりゅう・れいこ)」。
かつての恋人で1歳年上。アメリカに留学して博士号を取得、結婚もしたがバツイチという女性です。
そんな彼女が加わった研究室ですが、研究室のゼミ旅行が行われることとなります。
ゼミ旅行…勉強はもちろんですが、レジャー性の高いイベント…。
アヤメ君と椿の仲も進展しますが、一方で仁英と怜子の仲にも何か変化が起こるようで…。
この先の人物関係の展開も気になります。
因みに今巻では、映画化記念として、作者・町麻衣さんとアヤメ役の黒羽麻璃央さんと椿役の足立梨花さんの鼎談が収録されています。

« 川崎競馬 第69回 全日本2歳優駿予想(12月19日) | トップページ | 川崎競馬 第69回 全日本2歳優駿の結果と反省(12月20日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎競馬 第69回 全日本2歳優駿予想(12月19日) | トップページ | 川崎競馬 第69回 全日本2歳優駿の結果と反省(12月20日) »

無料ブログはココログ