フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

« 気のみ記のまま雑記帳&佐賀競馬 第18回 サマーチャンピオン予想(8月14日) | トップページ | DVDでもいいじゃないか 映画観賞記 「日本のいちばん長い日」(8月15日) »

2018年8月14日 (火曜日)

読書の「ど」! ビルマの竪琴(竹山道雄 新潮文庫)(8月14日)

夏は戦争や平和について考えることも多い時期です。そして…夏休み課題として「読書感想文」にも悩まされる時期です。
そこで今回は、その両方をいっぺんに片付けられる本を紹介します。

@¥@¥@¥@¥@¥@¥@¥@¥@¥@

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「ビルマの竪琴」(竹山道雄 新潮文庫)です(感想には個人差がります)。

Cimg0324
「ビルマの竪琴」…多くの方々が、小・中学生のころに接したことある1冊かもしれません。
何よりも「水島 一緒に日本へ家帰ろう」という一文で有名かもしれません。
もともとは、ドイツ文学者の竹山道雄氏が童話雑誌「赤とんぼ」に、児童向けの物語として書いた作品です。

太平洋戦争で敗戦を経験した日本。海外に展開していた日本軍の兵隊が次々と内地へ帰ってきます。その中にビルマからの帰還兵で構成された部隊がありました。

その部隊は、他の部隊に比べて元気でした…なぜかと問うと、現地でも歌を歌っていたからだといいます。

その部隊の一人から、現地にとどまった「ある日本兵の話」を聞いた人物が記したという体裁の物語となっています。


終戦近いビルマの山中をさまよう部隊があったのですが、その部隊の隊長は音楽学校出身の人物で、事あるごとに、この部隊では「歌う」ことをしていました。そして、部隊の中の一人、水島という兵隊は、自らが見様見真似で作った「ビルマの竪琴」を用いて、演奏を行うようになります。

ある日、舞台は敵に囲まれて進退窮まります…ですがその時にも部隊は「歌」によって救われます…「埴生の宿」「蛍の光」など、自分たちは日本の歌だと思っていたものが、実はイギリスにそのもととなる曲があり、それを歌うことで、無事に降伏することができ、舞台は事なきを得ます。

その後、イギリス兵から降伏を拒み、対抗している日本軍部隊がることを隊長は聞きます。そしてその部隊の説得のために、水島を派遣することとします。
降伏を勧めに行った水島…その後消息不明となります。

 

一方、無事の降伏した舞台では、水島はどうなってしまったのか…ということが話題になります。
そしてある日、水島によく似たビルマの僧侶と出会うのですが…。
水島はどうなってしまったのか、そして無事に帰国できるのか…この先は、是非本書をお読みください。


この辺で感想を。
本書が書かれた当時は、戦争の影響も色濃く残っており、海外からの帰還兵も続々と帰国している時期であり、一方で音信不通の兵隊については「戦死」の報が次々ともたらされ、国内では「間違った戦争をしてしまって負けたのだ」という否定的な雰囲気が満ちていて、とてもではないが、戦争自体は間違いであったとしても、自らの使命を真面目に守って亡くなっていった兵隊について「追悼」「慰霊」という気持ちを表せるものではなかったそうです。

個人的にも「戦争をしてしまったこと」と「その戦争で亡くなった人々への慰霊の気持ち」は別のものとして扱わなければならないと思います。

物語自体は「フィクション」であり、その中で扱われる「水島」の行為や発言は「作り物」であり「ご都合主義」という面があり、それは現実からすれば「きれいごと」「ファンタジー」かもしれませんが、本書を戦争について、あるいは「自らが生きることの意味」のようなものを考えるのに参考にするのにはいいかもしれません。


真夏の暑い一日に、ちょっと難しい問題ですが、考えてみるのもいいかもしれません。

« 気のみ記のまま雑記帳&佐賀競馬 第18回 サマーチャンピオン予想(8月14日) | トップページ | DVDでもいいじゃないか 映画観賞記 「日本のいちばん長い日」(8月15日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 気のみ記のまま雑記帳&佐賀競馬 第18回 サマーチャンピオン予想(8月14日) | トップページ | DVDでもいいじゃないか 映画観賞記 「日本のいちばん長い日」(8月15日) »

無料ブログはココログ