« 気のみ記のまま雑記帳(8月9日) | トップページ | 読書の「ど」! 南の島に雪が降る(加藤大介 ちくま文庫)(8月10日) »

2018年8月10日 (金曜日)

気のみ記のまま雑記帳(8月10日)

気のみ記のまま雑記帳。

Dsc_3654
昨日の昼食…惣菜パンと、唐揚げ…アンバランスですが、レジ横の唐揚げ、ついつい手に取ってしまいます。

この時期に来て、今年の流行語の新たな候補が出てきた…それは「男〇〇」…言わずと知れた某会長の口癖。
さて、年末までこの言葉、生き残れるでしょうか。それとも某会長と同じ用に消えてゆくのか…。

ところで、地元である徳島のラジオ局の番組と番組の間の流れるジングルが、阿波踊りの「よしこの」になっていたと思っていたら…

※大鳴門橋バックに初踊り 鳴門市阿波踊り今夕開幕(徳島新聞web 18年8月9日より)
本格的な夏の訪れを告げる、徳島の「阿波踊り」。
9日夕方には、一足早く鳴門市で開幕するのですが、9日午前には、鳴門海峡に面した千畳敷と呼ばれる展望台で、恒例の「初踊り」が披露されました。

大鳴門橋をバックに、市職員らで作る「なると市連」や鳴門うずしお観光大使の2人も加わって、踊り子ら30人が躍動し、観光客を楽しませました。

鳴門市の阿波踊りは11日まで開かれ、12日からは徳島市で開幕します。

阿波踊り…楽しみでもありますが、夏の終わりが近づいてきていることを感じるものでもあります。

たのしさの中に残る寂しさ…これもまたお祭りの魅力です。
そして次なる季節、秋を迎える準備をせねばと思います。

|

« 気のみ記のまま雑記帳(8月9日) | トップページ | 読書の「ど」! 南の島に雪が降る(加藤大介 ちくま文庫)(8月10日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気のみ記のまま雑記帳(8月10日):

« 気のみ記のまま雑記帳(8月9日) | トップページ | 読書の「ど」! 南の島に雪が降る(加藤大介 ちくま文庫)(8月10日) »