フォト
無料ブログはココログ

« 読書の「ど」! 静おばあちゃんにおまかせ(中山七里 文春文庫)(4月4日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(追記)(4月5日) »

2018年4月 5日 (木曜日)

気のみ記のまま雑記帳(4月5日)

気のみ記のまま雑記帳。
会社近くの排水溝を兼ねている水路がある。
そこには亀がいる。

Dsc_3213
その亀が、日光浴をしている姿を目にするのですが、その場所は歩道橋の足場で、そのあ足場の近くには、亀が登れるような凸凹もなく、以前から、どうやってこの場所に登っているのか? 不思議に思っていました。

が………

やっとその真相がわかりました!
で、その真相とは…この水路、海水が入ってきているので、定期的に潮が引いたときには水位が下がります。
その水位が下がる前に、あの足場の上に泳いできて、水が引いたらそのまま日光浴をしているのでした。

知ってみたら、そうなんだ、と思ったのですが、もっと謎があるのかと思っていたので、拍子抜けです。

まぁ、謎なんて、わかってみればこんなもんですかね。

« 読書の「ど」! 静おばあちゃんにおまかせ(中山七里 文春文庫)(4月4日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(追記)(4月5日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気のみ記のまま雑記帳(4月5日):

« 読書の「ど」! 静おばあちゃんにおまかせ(中山七里 文春文庫)(4月4日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(追記)(4月5日) »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック