フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

« 読書の「ど」! あきない世傳 金と銀 源流編(高田郁 ハルキ文庫)(4月3日) | トップページ | 読書の「ど」! 静おばあちゃんにおまかせ(中山七里 文春文庫)(4月4日) »

2018年4月 4日 (水曜日)

サケノトモ ミヤカンのさば味噌煮 三陸の港水揚 気仙沼工場謹製(4月4日)

食べない方がいんだけど、お酒を飲むときにちょっとほしくなる「サケノトモ」。
今回は「ミヤカンのさば味噌煮 三陸の港水揚 気仙沼工場謹製」(SSKセールス株式会社)です(味の好みには個人差があります)。

Cimg0179

C0179

いただきます!

Cimg0183_2

(C0183

「ミヤカンのさば味噌煮 三陸の港水揚 気仙沼工場謹製」、近所のスーパーで購入。

Cimg0181

(C0181
製造者は「株式会社ミヤカン」で、販売者は「SSKセールス株式会社」です。

缶を見ると

Cimg0180

(C0180
「鮨処札幌菊水 監修。名店のレシピに基づき人気メニューを缶詰にしました」とあります。

Cimg0182
(C0182
カロリーは100gあたり236㌔カロリーです(ちなみに1缶は175gです)。

その他にも、DHAは1.42グラム、EPAは1.02グラムです。

味噌の砂糖の甘さがちょうどいい具合で、青魚特有の臭みもなく、サバの身の味がじっくりと味わえます。
身には脂が十分ついていて、それが一層うまさを感じさせます。

身の浸かっている味噌も、十分味が残っているので、サケノトモとして、ぴったりです。

« 読書の「ど」! あきない世傳 金と銀 源流編(高田郁 ハルキ文庫)(4月3日) | トップページ | 読書の「ど」! 静おばあちゃんにおまかせ(中山七里 文春文庫)(4月4日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 読書の「ど」! あきない世傳 金と銀 源流編(高田郁 ハルキ文庫)(4月3日) | トップページ | 読書の「ど」! 静おばあちゃんにおまかせ(中山七里 文春文庫)(4月4日) »

無料ブログはココログ