« 愛馬会 30年4月度収支です(4月20日) | トップページ | 土曜競馬予想(4月21日) »

2018年4月20日 (金曜日)

気のみ記のまま雑記帳(4月20日)

気のみ記のまま雑記帳(意見には個人差があります)。

財務省の事務次官のセクハラ疑惑(というかセクハラ事件)や、新潟県知事の買春疑惑(というか買春)など、このところ、ニュースに事欠かない日本です。
確かにセクハラ自体はいけないことだと思うし、実際に被害に遭われた方々や、現在被害に遭っている方々がいることも事実で、そここと自体は改善しなければならないし、あってはいけないことだと思います。

ですが、あえて誤解が生まれるかもしれないことを覚悟しながらも、今の報道の様子を見る限りでは、報道が興味本位でヒステリックで偏っている気がします。

一方の側が「セクハラされた」と言えば、その「セクハラをした」と言われた側の意見や言葉は、すべてと言っていいほどに「言い訳」などという風に取られて、そのセクハラの事実が明らかになる前に「セクハラしたやつが悪い」ということで、収束してしまっている気がします。

そしてセクハラを働いたことで、仕事を辞さなければならないという風潮にも疑問を感じます。その人物が非常に有能ならな、その能力とセクハラの罪を天秤にかけて、どちらが重いか決めてから、結果を出してもいいと思うのです。

そして最も問題なのが、セクハラには主観が大いに加味される点がある点です。今回の次官が、もし男性として非常に魅力的な人物だったら…どうだったかなぁと思います。

それに現在では「男性→女性」という向きがクローズアップされますが、もちろんその逆もあるわけで…さらには近年では「性的多数者→性的少数者」、もちろんその逆もあると思われます。

もしかしたら、この問題は「人類永遠の課題」で「解決方法はない」野かも知れません。

|

« 愛馬会 30年4月度収支です(4月20日) | トップページ | 土曜競馬予想(4月21日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気のみ記のまま雑記帳(4月20日):

« 愛馬会 30年4月度収支です(4月20日) | トップページ | 土曜競馬予想(4月21日) »