« 気のみ記のまま雑記帳(2月19日) | トップページ | 愛馬会30年2月度収支です(2月20日) »

2018年2月19日 (月曜日)

サケノトモ ミヤカんのさば水煮 三陸の港水揚 気仙沼向上謹製(2月19日)

食べない方がいんだけど、お酒を飲むときにちょっとほしくなる「サケノトモ」。
今回は「ミヤカンのさば水煮 三陸の港水揚 気仙沼工場謹製」(SSKセールス株式会社)です(味の好みには個人差があります)。

Cimg0156

C0156

いただきます!

Cimg0159


(C0159

「ミヤカンのさば水煮 三陸の港水揚 気仙沼工場謹製」、近所のスーパーで購入。

Cimg0157

(C00157
製造者は「株式会社ミヤカン」で、販売者は「SSKセールス株式会社」です。

缶を見ると

Cimg0158

(C0158
「フランス産ロレーヌ岩塩を使用(食塩に占める割合50%)して、まろやかな味わいに仕上げました」とあります。
カロリーは100gあたり196㌔カロリーです(ちなみに1缶は175gです)。

水煮で、特に味付もされていないので、サバの身の味がじっくりと味わえます。
身には脂が十分ついていて、旨味がたっぷりです。

身の浸かっている汁も、十分味が残っているので、サケノトモとして、ぴったりです。

|

« 気のみ記のまま雑記帳(2月19日) | トップページ | 愛馬会30年2月度収支です(2月20日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サケノトモ ミヤカんのさば水煮 三陸の港水揚 気仙沼向上謹製(2月19日):

« 気のみ記のまま雑記帳(2月19日) | トップページ | 愛馬会30年2月度収支です(2月20日) »