« 土曜競馬の結果と反省&日曜競馬予想(2月11日) | トップページ | 日曜競馬の結果と反省(2月11日) »

2018年2月11日 (日曜日)

DVDでもいいじゃないか 映画観賞記 ズートピア(2月11日)

DVDでもいいじゃないか、映画鑑賞記。
今回は「ズートピア」(2016年 アメリカ)です(このあと、あらすじや内容に触れますのでご注意を。感想には個人差があります)。

この映画の世界は、肉食動物と草食動物が進化し、種族の垣根を越えて平和に同じ世界で生活を送っているという設定になっています。
ウサギのジュディは、ウサギ初の警察官をめざし試練に耐えて、見事ズートピアの警察官として働くこととなります。

ですが、与えられた仕事は交通取り締まり…不満を感じながらも仕事に励むジュディでしたが、ある日、赤キツネのニックと出会い、ニックが詐欺を行っていることを知り問い詰めますが、逆にジュディ自身の生い立ちなどを否定される発言をされます。

いつまでたっても交通取り取締しかさせてくれないことに不満を持っていたジュディ、ある日行方不明になった14人の「肉食動物」の内の一人、カワウソのエミットを探す捜査を行うこととなります。ですが、ジュディの手元には捜査資料がほとんどなく、しかも署長からは48時間以内に解決せよと命じられます。

どう捜査すればよいか悩むジュディでしたが、写真に赤キツネのニックが映っていることを探り出し、捜査の手伝いを持ちかけます。
その結果、行方不明になったエミットが突如狂暴化して、トガリネズミのミスター・ビックのリムジンの運転手を襲ったことを知ります。
そしてその被害にあった運転手から「夜の遠吠え」という言葉をエミットが残して狂暴化したことを探りだします…が、その運転手も突如狂暴化して、ジュディとニックを襲ってきますが、彼は何者かによって、その現場からは連れ去られてしまいます。

その行方を探り出した二人…いなくなった14人は「ある施設」に隔離されていました。その施設にやってきたのはズートピアのライオンハート市長…肉食動物が狂暴化したことを隠すためにこの施設に14人を隔離していたのですが、そのことをジュディは、明らかにして世間に公表します。

世の中をよくしたい…と思って警察官になったはずのジュディでしたが、自分が暴き出した事実で、肉食動物と草食動物が対立することなったこと、そして自分も肉食動物に偏見を持っていたことを知り、警察官を辞して実家に帰ります。
実家を手伝っていたジュディでしたが、ひょんなことから「夜の遠吠え」についての情報を得ることとなり、再び事件解決のためにズートピアに赴きます。
警察官を辞めたジュディ…操作するためには仲間が必要です…ジュディはニックと再び手を組んで捜査にあたることとなります。

そしてその捜査を進めるうちに、誰が、何のために、「夜の遠吠え」を悪用しているのかを突き止めるのですが…はたして…。
この先は、DVDでご覧ください。

 

あらすじはこれぐらいにして感想を。
最後まで見終わったら、物語もすっきりしていいのですが。よく考えてみたら「よくもまぁ、アニメとはいえ映画化できたなぁ」というのが感想です。
動物を擬人化していても、「肉食動物」と「草食動物」、生活する世界も環境に応じてわかれており、いわば現代のアメリカ社会を象徴するようなものになっていると感じたからです。
そう感じるのは、「肉食」「草食」の区別は「白人」「非白人」などの、生活する世界が分かれているのは、人種や収入によって構成されるさまざまなコミュニティーを表していると、個人的に思ったからです。
そして「反体制」というか「少数者」を排除してでも自分たちの暮らしやすい世界を造りだそうとする動きも、現状を映す鏡のようにも感じたからです。

そんな複雑な世界を、一つの理想だけではくくれないこと、そしてある理想は、別の面からみれば「理想」ではなく、その別の面から見る人々にとっての「理想」は、また別の面から見る人々にとっては「理想」ではないということを、わかりやすく表現していたのも、アメリカらしいという気がします。

一歩間違えばすさまじい抵抗があるかも知れない、「人種差別」「職業差別」などの、こんな難しい課題を、アニメという手段、そして娯楽としてであっても、表現できる国であるアメリカはやはりすごい国だと思います。

|

« 土曜競馬の結果と反省&日曜競馬予想(2月11日) | トップページ | 日曜競馬の結果と反省(2月11日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVDでもいいじゃないか 映画観賞記 ズートピア(2月11日):

« 土曜競馬の結果と反省&日曜競馬予想(2月11日) | トップページ | 日曜競馬の結果と反省(2月11日) »