« 気のみ記のまま雑記帳&大井競馬 第21回 TCK女王盃の結果と反省(1月25日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&土曜競馬予想(1月27日) »

2018年1月26日 (金曜日)

読書の「ど」! トイプー警察犬 メグレ(七尾与史 講談社タイガ)(1月26日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「トイプー警察犬 メグレ」(七尾与史 講談社タイガ)です(感想には個人差があります)。

Cimg0298

本作の主人公は…というか主人犬(?)…はメグレという名のトイプードルです。
メグレは、亡くなった(殺害された)名刑事・平塚が飼っていた犬で、今は警察犬訓練所で警察犬として嘱託を受けて働いています。

相棒は訓練士の早乙女駿介(サオトメシュンスケ)…彼はメグレを連れて、現場に赴きます。現場では、メグレが残された臭い…どうやらそれは一般的なにおいではなく、「殺意の匂い」ともいえる物の様で…をもとに犯人を追いつめていきます。

その現場には警視庁捜査一課勤務の刑事・佐倉綾香(さくらあやか)がいます。彼女もメグレの存在を知っており、早乙女と共にメグレと捜査に臨みます。
ある時は、一流シェフが殺された事件であったり、ある時
はデスメタル好きの男の自殺と思われる事件であったり…そしてついには、隠された事件の真相に迫ったりと、八面六臂の活躍です。

物語の展開も破たんがなく、読み進めることができます。

唯一不満があるとすれば、今作が描き下ろしのため、物語の背景が説明不足な点がある点でしょうか。
シリーズ化されるのならば、続巻を読みたいですね。

|

« 気のみ記のまま雑記帳&大井競馬 第21回 TCK女王盃の結果と反省(1月25日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&土曜競馬予想(1月27日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書の「ど」! トイプー警察犬 メグレ(七尾与史 講談社タイガ)(1月26日):

« 気のみ記のまま雑記帳&大井競馬 第21回 TCK女王盃の結果と反省(1月25日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&土曜競馬予想(1月27日) »