フォト
無料ブログはココログ

« サケノトモ 森永 おっとっと うすしお味(1月16日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(1月18日) »

2018年1月17日 (水曜日)

読書の「ど」! 図書館の主(あるじ) 14 (篠原ウミハル 芳文社コミックス)(1月17日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「図書館の主(あるじ) 14」(篠原ウミハル 芳文社コミックス)です(感想には個人差があります)。

Cimg0147

児童書を扱う私設図書館「タチオアオイ」には、「キノコ」のような髪型をした図書館司書・御子柴がいます。

この図書館を訪れる人には、何かしら心の中にわだかまりを持った人々がいますが、御子柴の勧める本を読み終えると、そのわだかまりは何かしらの解決をみて、物語が進んでいきます。

それは将来についての不安であったり、友達とのやり取りであったり、自分の進む道への迷いと決心だったりと、さまざまです。

今巻では、この図書館に通う宮本を巡る「恋物語」というか、宮本が元恋人と再び会うのか、そして、そのことによって宮本を取り巻く環境がどう変わっていくのか、行かないのかを描いたものとなっています。

新美南吉の「嘘」という作品を通じて、登場人物の心の様が描かれます。

宮本は、あるいは元彼女は、そして宮本に心よせる人物はどうなっていくのか…。
この続きは本書をお読みください。

クライマックスが近いようです。この先の展開が楽しみです。
15
巻、是非読んでみたいですね。

« サケノトモ 森永 おっとっと うすしお味(1月16日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(1月18日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サケノトモ 森永 おっとっと うすしお味(1月16日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(1月18日) »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック