« 気のみ記のまま雑記帳(12月25日) | トップページ | 読書の「ど」!東京すみっこごはん(成田名璃子 光文社文庫)(12月26日) »

2017年12月25日 (月曜日)

サケノトモ いなば ライトツナフレーク えごま油(12月25日)

食べない方がいんだけど、お酒を飲むときにちょっとほしくなる「サケノトモ」。
今回は「いなば ライトツナフレーク えごま油」(いなばデリカフーズ株式会社)です(味の好みには個人差があります)。

Cimg0118
C0118

いただきます!

Cimg0123


(C0123

「いなば ライトツナフレーク えごま油」、近所のスーパーで購入。

Cimg0122

(C0122
製造者は「いなば食品株式会社」です。

缶を見ると

Cimg0120

(C0120
「えごま油100%使用(油に占める割合)」「1缶で成人が1日に必要なα-リノレン酸を摂取できます(「日本人の食事摂取基準(2015年版)参考」「α-リノレン酸は体内でDHA,EPAに変化します」とあり、

Cimg0121


(C121

更に「化学調味料不使用」「α-リノレン酸はω(オメガ)-3系不飽和脂肪酸と呼ばれています」「α-リノレン酸を約55%含むえごま油を、1缶当たり約7グラム使用しています」「えごま油は液汁にも含まれていますので、液も一緒に料理にお使いください」とあります。
カロリーは70gあたり(液汁を含む)で112カロリーです(ちなみに1缶は70g(液汁含む)です。

使われている野菜エキスがうまい具合に身と相まって、美味しくいただけます。
えごま油という物を口にしたことがないので何とも言えませんが、普通のサラダオイルなどのものに比べると、コクがあって、それでいてさっぱりした感じです。
本来ならばサンドウィッチにしたり、野菜の盛り合わせなどと食べるのがベストかもしれませんが、そのまま汁には塩味もあるので、サケノトモとしてもぴったりです。

|

« 気のみ記のまま雑記帳(12月25日) | トップページ | 読書の「ど」!東京すみっこごはん(成田名璃子 光文社文庫)(12月26日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サケノトモ いなば ライトツナフレーク えごま油(12月25日):

« 気のみ記のまま雑記帳(12月25日) | トップページ | 読書の「ど」!東京すみっこごはん(成田名璃子 光文社文庫)(12月26日) »