« 気のみ記のまま雑記帳(12月1日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(12月2日) »

2017年12月 1日 (金曜日)

読書の「ど」!文庫解説ワンダーランド(斉藤美奈子 岩波新書)(12月1日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「文庫解説ワンダーランド」(斉藤美奈子 岩波新書)(感想には個人差があります)です。

Cimg0246

文庫本を買うと、まずは本文を楽しんで、最後に「おまけ」的に「解説」がついていたりしますよね。本書はその「解説」について迫った(?)一冊となっています。

例えば有名どころでは夏目漱石の「坊ちゃん」などは、版権が切れたためもあって、各社から出ていますが、その「解説」を見てみると、さまざまなものがあり、興味深いことになっています。

斎藤氏の手にかかると、有名作家が書いた「作品」への有名作家の「解説」であっても、「的外れ」「意味不明」「こんなことではないはずなのに…」など、快刀乱麻、気持ちいいほどに斎藤氏の目を通して、厳しい批評を行っています。

本書を読む前と、読んだ後では、文末の「解説」に対する見方が全く違ってくると言っては大げさかもしれませんが、今までとは違った読み方できること、間違いなし!

さらに本文自体の印象も変わってくること、間違いなしです。

普通の読み物としても、十分楽しめます。

|

« 気のみ記のまま雑記帳(12月1日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(12月2日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書の「ど」!文庫解説ワンダーランド(斉藤美奈子 岩波新書)(12月1日):

« 気のみ記のまま雑記帳(12月1日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(12月2日) »