フォト
無料ブログはココログ

« 気のみ記のまま雑記帳&高知競馬 第13回 黒潮マイルチャンピオンシップの結果と反省(11月6日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(11月7日) »

2017年11月 6日 (月曜日)

読書の「ど」! こちら警視庁美術犯罪捜査班(門井慶喜 光文社文庫)(11月6日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「こちら警視庁美術犯罪捜査班」(門井慶喜 光文社文庫)です(感想には個人差があります)。

Cimg0253

警視庁美術犯罪捜査班…「班」と言えば聞こえはいいですが、メンバーは新米刑事で美術に知識のまったくない三田村豪気(みたむらごうき)と、逆に美術に対しての造詣が深いうえに、抜群の鑑定眼を持つ美貌の上司・岸すみれの「たった二人」(あの刑事ドラマをほうふつとさせる感じです)からなる、警視庁唯一の部署。

ここに回ってくる案件は、狡猾な詐欺まがいのビジネスを続ける「ある美術品販売会社」に関するものなど。

そしてこの販売会社には「ある秘密」が隠されているのです…それは…それに加えて上司であるスミレにも何か秘密があるようで…どんな秘密かは本書をお読みください。

特に美術に対しての知識がなくとも、面白く読み進められます。

« 気のみ記のまま雑記帳&高知競馬 第13回 黒潮マイルチャンピオンシップの結果と反省(11月6日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(11月7日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 気のみ記のまま雑記帳&高知競馬 第13回 黒潮マイルチャンピオンシップの結果と反省(11月6日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(11月7日) »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック