フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

美尻時計

« 気のみ記のまま雑記帳&土曜競馬予想(8月12日) | トップページ | 土曜競馬の結果と反省(8月12日) »

2017年8月12日 (土曜日)

読書の「ど」! 牧場OL 2 (丸井 まお 芳文社マンガタイムコミックス)(8月12日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「牧場OL 2 」(丸井まお 芳文社マンガタイムコミックス)で す(感想には個人差があります)。

Cimg0199

帯にもある通り「恋はできないのに、牛の受精に立ち会う!?(問題山積み、牛の落とし物山積み、OL南今日も頑張ります。)」などの言葉からわかる通り、農業主体の物語となっています。

大学を卒業し、東京の一流食品メーカー「イタドリ食品」に就職した、野花南(のばな・みなみ)。憧れの東京での仕事…かと思っていたら、イタドリ食品が北海道で展開する牧場での仕事への配属となります。


配属先は北海道の初田牧場。そこには先輩の鹿谷(しかたに)、ベトナムからの実習生・スアンさん、初田牧場の社長・初田牛蔵(はうた・ぎゅうぞう)、そしておなじイタドリ食品からこの牧場に配属されている、動物にとっても好かれている糸魚沢(いといざわ)らがいて、南にとっては何もかもが新しく、初めての体験ばかりの日々が続きます。

それは牛のえさやりだったり、初めての子牛の移動だったり、運転免許を持っていないことの不便さだったり、初給料の使い道だったり、牧草の刈取りだったりと、多種多様な出来事でした。

今回は、冬の牧場での出来事ヵら、新たな研修生の受け入れ、そして近所の農家の「離農」を扱う物語となっています。

牧場、という舞台でふんわりとした時間が流れているように思うのですが…その場がれる時間では何やら大きな動きがあるようです。
次巻が楽しみですね。

« 気のみ記のまま雑記帳&土曜競馬予想(8月12日) | トップページ | 土曜競馬の結果と反省(8月12日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70505/65652316

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の「ど」! 牧場OL 2 (丸井 まお 芳文社マンガタイムコミックス)(8月12日):

« 気のみ記のまま雑記帳&土曜競馬予想(8月12日) | トップページ | 土曜競馬の結果と反省(8月12日) »