フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

美尻時計

« 気のみ記のまま雑記帳&日曜競馬の結果と反省(8月13日) | トップページ | 読書の「ど」!  ビルマの竪琴(竹山 道雄 新潮文庫)(8月15日) »

2017年8月14日 (月曜日)

読書の「ど」! この世界の片隅に 中 (こうの史代 双葉社 アクションコミックス)(8月14日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「この世界の片隅に 中 」(こうの史代 双葉社アクションコミックス)です(感想には個人差があります)。

Cimg0274

本書は昨年映画化されて話題になった「この世界の片隅に」の原作です。

今回はその原作のうちの真ん中の巻である「中」です。

物語は、主人公である「浦野すず」の目を通した物語となっています。
前巻で結婚したすず、太平洋戦争中の197月から始まります。

このころには物資が乏しくなって、すべてのものが配給制度になっていきます。
そんなある日、砂糖の配給を受けたすずでしたが、大事な砂糖を水に溶かしてしまいます。

そんなすずを不憫に思った義理の母が、闇市で買ってくるように勧めます。すずは、闇市に行くのですが、道に迷います。そこで遊郭で働く「白木リン」という女性と出会います。
白木リン…この後、すずと関わり合いになる人物のようです。

一方で、すずが「結婚する」はずであった人物が訪ねてきたり(彼は青葉の搭乗員です)、兄の要一が戦死したり、ついに呉に空襲が始まったりと、戦争はいよいよ激しさを増していきます。

そして物語は昭和204月へ…。
この先の「下」では、どんな物語が展開するのか…読み進めてみたいと思います。

 

« 気のみ記のまま雑記帳&日曜競馬の結果と反省(8月13日) | トップページ | 読書の「ど」!  ビルマの竪琴(竹山 道雄 新潮文庫)(8月15日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70505/65656724

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の「ど」! この世界の片隅に 中 (こうの史代 双葉社 アクションコミックス)(8月14日):

« 気のみ記のまま雑記帳&日曜競馬の結果と反省(8月13日) | トップページ | 読書の「ど」!  ビルマの竪琴(竹山 道雄 新潮文庫)(8月15日) »