フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

美尻時計

« 読書の「ど」! 赤い糸の呻き(西澤保彦 創元推理文庫)(7月18日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(7月20日) »

2017年7月19日 (水曜日)

読書の「ど」! マルハニチロ 台湾火鍋(7月19日)

食べない方がいいんだけど、お酒を飲むときにちょっとほしくなる「サケノトモ」。
今回は「マルハニチロ 台湾火鍋」(マルハニチロ株式会社)です(味の好みには個人差があります)。

Cimg0039

Cimg0040

C0039

(C0040

いただきます!

Cimg0043

(C0043

この「マルハニチロ 台湾火鍋」
近所のスーパーの食品売り場で購入。
販売者は「マルハニチロ株式会社」です。


缶を見ると

「激辛注意」とあります。
缶を見ると正式な名前は「魚肉ボールと豆腐のピリ辛味付(火鍋風)」だそうです。

缶を開けると、中には少し少な目の中身が見えます。

魚肉のボールは噛めば噛むほどに味が染み出てきますが、ナンプラーという「魚醤」が使われているためでしょうか、ちょっと癖のある旨味が口に広がります。

豆腐も辛味が利いていて、酒が進みそうです。

激辛、なんていうから構えてましたが、程よい辛味と、その後に、じんわりと口の中に広がる味わいが、ちょうどいいですね…などと思っていたら、かなりニンニク風味がきいているし、辛味もきつくて、汗がじっとしていても、だらだら出てきます。

サケノトモにもピッタリですが、夕食を飾る一品としても十分だと思います。

« 読書の「ど」! 赤い糸の呻き(西澤保彦 創元推理文庫)(7月18日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(7月20日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70505/65551861

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の「ど」! マルハニチロ 台湾火鍋(7月19日):

« 読書の「ど」! 赤い糸の呻き(西澤保彦 創元推理文庫)(7月18日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(7月20日) »