フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

美尻時計

« 気のみ記のまま雑記帳&高知競馬 第14回トレノ賞の結果と反省(7月24日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(7月25日) »

2017年7月25日 (火曜日)

読書の「ど」! 思い出の時修理します 3 (谷瑞恵 集英社文庫)(7月25日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「思い出のとき 修理します3 空からの時報」(谷瑞恵(たに・みずえ) 集英社文庫)です(感想には個人差があります)。

Cimg0131

 

前々作に引き続き、舞台は街の中心から外れ寂れた感じのする商店街の一角にある…というかあった理容店跡に仕事に住むことになった美容師の明里(あかり)と、その理容店跡の店の斜め向かいにあるのが、表に「思い出の時 修理します」という看板を出した時計店の店主・飯田秀司(いいだ・しゅうじ)を中心として、展開していきます。

 

前巻で二人の仲は急接近し、恋人…関係となっています。
今作でも、飯田時計店に時計の修理を頼んでくる人々や、明里や秀司に関係した人物が、タイトルの通りに人々の思い出が時計に絡んで繰り広げられる、それぞれの人物の物語が 

織りなす様々な人々の思い出と関わり合いを持つこととなります。
 

大きな事件は起こりませんが、読後にはなんだか温かいものが残る気がします。
それでいて、なんだかほろ苦い感覚も残ります。
 

次巻で完結だそうです。是非続きを読んでみたいですね。

« 気のみ記のまま雑記帳&高知競馬 第14回トレノ賞の結果と反省(7月24日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(7月25日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70505/65576739

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の「ど」! 思い出の時修理します 3 (谷瑞恵 集英社文庫)(7月25日):

« 気のみ記のまま雑記帳&高知競馬 第14回トレノ賞の結果と反省(7月24日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(7月25日) »