フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

美尻時計

« サケノトモ ホテイ 焼鮭中骨 塩焼(5月23日) | トップページ | 気のみ気のまま雑記帳(5月24日) »

2017年5月24日 (水曜日)

読書の「ど」! 乙嫁(おとよめ)語り 9 (森薫 エンターブレイン)(5月24日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「乙嫁(おとよめ)語り 9」(森薫(もり・かおる) エンターブレイン)です(感想には個人差があります)。

Cimg0172

物語は19世紀の中央アジア、カスピ海沿岸地域が舞台です。


今巻では、パリヤとウマルの二人の関係が深まっていく物語です。

パリヤのことを好きなウマルでしたが、その思いをうまく伝えることができません。
ですが、ひょんなことから、二人の縁談は進んでいきます。

それでもなんだか、ぎくしゃくした二人でしたが、パリヤのお使いの先まで送っていくこととなったウマルと、帰途出会った「ある出来事」を発端に、意気投合します。
今作では、それ以上の進展はないようですが、次巻では大きな展開があり模様です。

そして何より今巻では、久々の登場のスミス…旅の途中で盗賊に襲われて、再び、旅は足止めを食らいます。

 

様々な人々の上に、さまざまな運命が絡んできそうな展開です。
次巻10巻が楽しみですね。

« サケノトモ ホテイ 焼鮭中骨 塩焼(5月23日) | トップページ | 気のみ気のまま雑記帳(5月24日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70505/65319919

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の「ど」! 乙嫁(おとよめ)語り 9 (森薫 エンターブレイン)(5月24日):

« サケノトモ ホテイ 焼鮭中骨 塩焼(5月23日) | トップページ | 気のみ気のまま雑記帳(5月24日) »