フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

美尻時計

« 気のみ記のまま雑記帳(11月10日) | トップページ | 読書の「ど」! 動物珈琲店(ペットカフェ) ブレーメンの事件簿(蒼井上鷹 実業之日本社文庫)(11月11日) »

2016年11月11日 (金曜日)

気のみ記のまま雑記帳(11月11日)

気のみ記のまま雑記帳。

Cimg3197
昨日は人間ドックでした。バリウムを飲んだり、胸部X線写真を撮られたり、エコー検査があったりと、ほぼ半日を使っての物でした。
バリウム…やっぱり苦手です。その前の膨張剤も苦手…イチゴ風味ですが、苦手です。
現在、下剤の影響下にあって…おなかがゆるいです。

※危険運転2被告の共謀認定、懲役23年 北海道5人死傷(アサヒドットコム 16年11月10日より)
※砂川一家5人死傷、2被告とも懲役23年(ヨミウリオンライン 16年11月10日より)
昨年6月、北海道砂川市で一家5人が死傷した飲酒ひき逃げ事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死傷)などに問われた2人の男の被告ついて、札幌地裁で行われた裁判で、求刑通りの懲役23年が両被告に言い渡された。
裁判長は「交通ルールを無視しており、刑事責任は類を見ないほど重い」と述べた。

今回のケースでは、検察側が2被告が速度を張り合いお互いの運転を助長し合ったとして危険運転の共謀が成立すると主張、一方のA被告側は「事故は赤信号を見落とした過失によるものだ」、B被告側は「事故はA被告が引き起こしたもので直接かかわっていない」と無罪を主張していた。

今回の判決で「2人がお互いの状況を意識しながら車の速度を競うようにして高速走行していたことは明らかで、赤信号に従わずに交差点に進入する意思を通じていた」として危険運転の共謀が成り立つと判断され、懲役23年が言い渡された。

普通の交通事故でも悲惨ですが、あの事故の現場の状況は筆舌に尽くしがたいというほどにひどいものでしたし、被告の一人は飲酒の事実を隠すために逃げていたものでした。
懲役23年…確かに大きな代償ですが、亡くなった方々は二度と戻ってきませんし、事故の事実も無くなりません。

これだけ飲酒運転の取り締まりが厳重になって、罪も重くなっているのに、いまだに飲酒運転運転による事故や違反者はなくなりません。
どうか飲酒運転、無謀運転による交通事故死者が増えない、あるいは0となる日が来ることを願っています。

※鶴保沖縄相、「土人」発言に持論繰り返す 野党は追求(アサヒドットコム 16年11月10日より)
鶴保庸介・沖縄北方相が先日沖縄の米軍ヘリパッドの建設現場付近で、警備中の警察官が抗議活動を行っている人に「土人」と発言した件で、「ある事項が人権問題かどうかに地て、第3者が一方的に決めつけることは非常に危険ではないか。言われた側の感情を主軸に置いて判断すべきだ」と持論を展開している。

鶴保氏の持論には一理あるとは思いますが、全体として、大臣という立場では不適切では?と思います。

世間一般に「差別的だ」とされる言葉の取り扱いについては、非情にデリケートな部分があります。
たとえば、その言葉を「言い換え」ればいい、言うものではないからです。

今回の件でも、「土人」という言葉が持つ「差別的」な面は否めないはずで、その言葉を使ってしまったことについては「不適切」かつ「批判されるべきもの」だと思います。
そのことを踏まえたうえで、「土人」という言葉が、現地で普通に使われていたりする場合には、鶴保氏が言うようなこともあるかもしれません。

ですが、現代の価値観に照らして「誰が聞いてもいい意味を持たない言葉」は使うべきではないし、使ったことについては批判されるべきです。

その辺、大臣としての認識が甘いのでは…。

« 気のみ記のまま雑記帳(11月10日) | トップページ | 読書の「ど」! 動物珈琲店(ペットカフェ) ブレーメンの事件簿(蒼井上鷹 実業之日本社文庫)(11月11日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70505/64471607

この記事へのトラックバック一覧です: 気のみ記のまま雑記帳(11月11日):

« 気のみ記のまま雑記帳(11月10日) | トップページ | 読書の「ど」! 動物珈琲店(ペットカフェ) ブレーメンの事件簿(蒼井上鷹 実業之日本社文庫)(11月11日) »