« 気のみ記のまま座右記帳&愛馬が地方競馬に出走します!(10月26日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(10月27日) »

2016年10月26日 (水曜日)

読書の「ど」!ティファニーで昼食を ランチ刑事の事件簿(七尾与史 ハルキ文庫)(10月26日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「ティファニーで昼食を ランチ刑事の事件簿」(七尾与史 ハルキ文庫)です(感想には個人差があります)。

Cimg9816

警視庁室田署に勤務する刑事課の新人・国吉まどか、そして先輩の巡査部長・高橋竜太郎、二人は捜査をする上で相棒であるのですが、それ以上にある秘密を持っていました…その秘密とは…「まどかが警視庁随一の食いしん坊で「警視庁のグルメ刑事」と呼ばれる」ほどに昼食、ことランチについては知識が豊富ということでした。

そんな二人が所属する室田署には「サツ飯」と呼ばれる食堂が地下にあるのですが、これまでの店がリニューアルされ、「ティファニー」という名の食堂が開店します。

値段は高めなのですが、その料理は絶品で、一度来たものを虜にする物であったのです。腕を振るうシェフの名は「古着屋護(ふるぎや・まもる)」というのでが、彼はどうやら絶対味覚を持つ天才コックであったのです。

その古着屋が作り出す料理は、まどかや竜太郎が絡む事件の解決に大きな役割を果たすこととなるのですが…。

内容については、事件の解決のために供される古着屋特製の料理のように、本書をお読みになって目と脳で「ご堪能」ください。

まどかと竜太郎の活躍、そして謎のシェフ・古着屋の活躍など興味深く、今作は発表されていたものに加筆してオリジナル文庫化されそうですが、魅力的なキャラクターの活躍に期待が持てます。
シリーズ化…されるかも知れませんね。

|

« 気のみ記のまま座右記帳&愛馬が地方競馬に出走します!(10月26日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(10月27日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書の「ど」!ティファニーで昼食を ランチ刑事の事件簿(七尾与史 ハルキ文庫)(10月26日):

« 気のみ記のまま座右記帳&愛馬が地方競馬に出走します!(10月26日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(10月27日) »