フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

美尻時計

« 古代の息吹を感じて トクシマ恐竜展(その2)(9月14日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&浦和競馬 第27回 テレ玉杯オーバルスプリント予想(9月15日) »

2016年9月15日 (木曜日)

古代の息吹を感じて トクシマ恐竜展(その3)(9月15日)

(その2からの続き)

ここまで見てきて次は大型恐竜の骨格展示です。

Dsc_1756


(D1750

ます出迎えてくれるのは「スコミムス」

Dsc_1746

Dsc_1745

(D1746
(D1744
アフリカのニジェールで見つかったスピノザウスル類の恐竜だそうです。

続いては「チンタオサウルス」

Dsc_1747

Dsc_1748

(D1748

(D1747

パロサウルス科の一種で、頭の長い突起からは

Dsc_1749

(D1749
音を出せたのでないかと考えらているそうです。

その次は「アクロカントサウルス」

Dsc_1750_2

Dsc_1751

 

(D1751

(D1750)

全長12mもある大型獣脚類の恐竜で白亜紀後期のティラノサウルスの大きさに匹敵するものだそうです。

Dsc_1752

(D1752
ただし発達した後ろ足に比べ、前脚の稼働性はよくなかったようだとのことです。

もっと見ていたい気もしましたが、次の予定もあり会場を後にします。帰りにはミュージアムショップで

Cimg0034

(C0034
今回の展示について解説・説明されているパンフレットと、クリアファイル、3Dホログラムを購入しました。

駐車場の車まで帰る途中で

Dsc_1758

(D1758
徳島県立文書館で「徳島の塩業」という展示をしてることを知ったので見に行きました。

Dsc_1759

Dsc_1760

 

(D1759(D1760

徳島県立文書館は旧徳島県庁の正面玄関部分を移築、再現したものです。
今の機能的な作りの県庁もいいとは思いますが。こういった趣のある建物、残してほしかったなぁと感じます。
展示を見て、帰宅。本当に見に来てよかったと、思った1日でした。

« 古代の息吹を感じて トクシマ恐竜展(その2)(9月14日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&浦和競馬 第27回 テレ玉杯オーバルスプリント予想(9月15日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70505/64199693

この記事へのトラックバック一覧です: 古代の息吹を感じて トクシマ恐竜展(その3)(9月15日):

« 古代の息吹を感じて トクシマ恐竜展(その2)(9月14日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&浦和競馬 第27回 テレ玉杯オーバルスプリント予想(9月15日) »