« 気のみ記のまま雑記帳(1月20日) | トップページ | サケノトモ じゃがりこ たらこバター(1月21日) »

2016年1月21日 (木曜日)

気のみ記のまま雑記帳(1月21日)

気のみ記のまま雑記帳。

Dsc_1215
※徳島県内、事故・渋滞相次ぐ 積雪・凍結で高速道を通行止め(徳島新聞Web 16年1月20日より)
20日午前の徳島県内は、冬型の気圧配置の影響で山間部を中心に雪が降り、各地で積雪や道路凍結の影響で事故や渋滞が相次いだ。
また積雪・路面凍結の影響で徳島自動車道が一部で通行止めになるなどの影響もあった。
自宅から勤務先までのいつもの道が路面凍結していて、運転するのが怖かったですね。
まだまだ寒さが続くようですので、用心して運転します。

? ? ? ? ? ? ? ?

※産廃業者ダイコー、セブンやイオンなど流通大手の食品も横流しか(スポニチアネックス 16年1月20日より)
CoCo壱番屋が廃棄依頼した冷凍カツが横流しされた事件に絡み、産業廃棄物処理業者ダイコーが、イオンやローソンなどの流通大手の廃棄依頼された食品も横流ししていた可能性があることが20日わかった。
食品を食べきれずに廃棄しなければならないことについては、再考しなければならないことは山ほどあるとは思いますが、それを考慮しても、食べることに適さないとして処分されるものを再度食品として流通させるのは、いかがなものかともいます。

今回の件は、異物混入で食品として提供できないものをであったということが前提であるのですが、そのことを考慮しても、「産廃として処分されるはずだった食品が再度流通させられてしまった」という点で一番問題だし、そのようにされるようなものが多く出てしまっている点も問題です。
このようなことをしてしまった産廃業者や関係した人々の行為を許されることではありませんが、この問題、本当は「食べモノを粗末にしない」という食糧問題では?と思います。それに加えて「安ければそれでいい」という風潮も問題では?と思います。
やはりそれなりに、それなりの物はコストがかかるはずなのですから。

※クジラが海岸で「立ち往生」…3時間かけ見事救出  徳島(アサヒドットコム 16年1月20日より)
※海辺に生きたクジラ  徳島・阿南中林海岸 散歩中の男性が発見(徳島新聞Web 16年1月20日より)
20日午前8時35分ごろ、阿南市の中林海岸を散歩していた男性が、生きた鯨が海岸に打ち上げられて動けなくなっているのを発見、現場には阿南市職員・阿南警察署員・地元消防団員らが駆けつけ、10人がかりで体を尾下が動かなかった。
その後、最後が漁船がロープで引っ張りようやく沖合へ救出。約3時間の救出劇だった。

打ち上げられたクジラは、マッコウクジラとみられるとのこと。
マッコウクジラは日本では太平洋で見られ、体調は最大約20メートル、体重は50トンにもなるという。
普段は深海にすんでおり、このような浅瀬に来るのは珍しいそうです。

何とか無事に海に帰れたようですが、どうか元気になってほしいです。一方で、地震などの災害の前触れでなければいいのにと思います。

|

« 気のみ記のまま雑記帳(1月20日) | トップページ | サケノトモ じゃがりこ たらこバター(1月21日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気のみ記のまま雑記帳(1月21日):

« 気のみ記のまま雑記帳(1月20日) | トップページ | サケノトモ じゃがりこ たらこバター(1月21日) »