« 気のみ記のまま雑記帳(12月16日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&川崎競馬 第65回 全日本2歳優駿予想(12月17日) »

2014年12月16日 (火曜日)

どくしょの「ど」! 夜明けの図書館 3 (埜野タオ 双葉社 JOUR COMICS)(12月16日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「夜明けの図書館 3」(埜野 タオ 双葉社 JOUR COMICS))です(感想には個人差があります)。

Cimg8813

(C8813

葵ひなこは、図書館司書として暁月市立図書館に勤務する図書館司書です。
そのひなこの勤務する図書館には多くの人々が訪れます。
そしてその人々は、図書館司書であるひなこたちに、さまざまなリクエストをしてきます。
また今巻では、友人のために星の名前からその星を探そうとする女の子の話、祖父が残したヨウムを遺産相続するのが嫌で相続放棄胃のための参考となる資料を探すために図書館を訪れた青年の話、高校の同級生がある理由で図書館にやってきた話、そして定年後の男性が見つけたあるものを巡る物語など、図書館を利用する人々との交流も描かれています。

ひなこ自身で解決する場合もありますし、同僚の大野や、仲間の力を借りて解決に導きます。

もともとが主婦向けの雑誌に連載されているもの様で、物語自体はほんわかとしたやわらかいタッチで進んでいきます。

読後には、なんだか温かいものが心の中に残る気がします。

|

« 気のみ記のまま雑記帳(12月16日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&川崎競馬 第65回 全日本2歳優駿予想(12月17日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どくしょの「ど」! 夜明けの図書館 3 (埜野タオ 双葉社 JOUR COMICS)(12月16日):

« 気のみ記のまま雑記帳(12月16日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&川崎競馬 第65回 全日本2歳優駿予想(12月17日) »